遺言・遺言書作成 遺言書の書き方や内容についてのアドバイスはもちろん、遺言が発見された場合や遺言を取り消したい場合などのご相談にもお答えします。

下記に当てはまる方は、遺言を作ることをお勧めします。

  • 子供がいない
  • 亡くなった息子の嫁が亡くなった後も
    親の面倒を見てくれている
  • 兄弟が疎遠である、仲が悪い
  • 残された妻・夫の生活が心配
  • 再婚しているが、前妻との間に子供がいる
  • 内縁の妻や夫がいる
  • 愛人との間に子供がいる

遺言って何に役立つの?

遺産分割協議

法定相続人による遺産分割協議が不要になる遺言がない場合、原則として亡くなった方の相続人が遺産相続に関して協議を行い、協議が整えば、遺産分割が行われます。この遺産分割協議で一番大変なことは、相続人全員の足並みを揃えることです。

一人でも不同意な者がいれば、骨肉の争いとなり、いわゆる遺産相続争いにつながりかねません。遺産相続で、争いになってしまう多くのケースが、「私と私の子どもには、遺言書なんて必要ない」と安易に考えて、遺言書を残さなかった方の場合に多くのが、残念ながら実情です。

自分の死後、残される財産に関して相続人にどのように遺産分けをして欲しいかを明確に書きとめておけば、こうした遺産相続争いを防ぐことができます。これは先に去るものの責任のようにも思います。

相続争いは、自分の子供以外にも、子供の配偶者やその両親、または相続人となった自分の兄弟やその関係者など、様々な人間関係が絡んできてしまうのが、その複雑たるゆえんです。ですから、遺言書は、親族の全員の平穏を導く保険とも言えると思います。

自分の好きなように財産を分けたい

自分の好きなように遺産分割をして欲しい場合、遺言書を作成し、充分な生前対策を行う必要があります。これがしっかりと出来ていれば、あらかた自分の好きなように財産を相続させることができます。

・「配偶者である妻に、全部相続させたい」
・「法定相続人以外のお世話になった人に財産を譲りたい」
・「このひとには、他の相続人よりも多めに相続させてあげたい」
・「会社の事業承継の方針を明確にして、従業員の雇用を守りたい」

などです。このほか、認知していない子を遺言により認知するという身分行為も遺言を使って実現できます。

これらは、大きなメリットであると思います。

遺言の作成する際の注意点

ただし、相続人の遺留分について考慮しなければ、後にトラブルを引き起こすきっかけになってしまうこともあります。遺言を書く場合は、あらゆる状況を想定し、専門家のアドバイスなどを得ながら書くことをお勧めいたします。

また、遺言は、それぞれ遺言の種類によって法律で書き方が定められています。せっかく書いた遺言書に不備があっては、全く意味を成さなくなってしまいます。

法的な効果を期待して遺言書を作成したいのであれば、民法はもちろん相続手続に関わるノウハウを把握した行政書士・司法書士などの専門家にご依頼することをお勧め致します。ご自分の把握している知識の範囲で作成される場合、のちのち相続人の方に多大な負担や迷惑を掛けてしまう可能性もあります。遺言書の作成にあたっては、一度専門家に相談しましょう。

大阪相続遺言相談センターのメリット

大阪相続遺言相談センターは、公証人役場まで徒歩2分の立地にあり、必要があればすぐ行くことができます。

公証人役場は、遺言を作成する際には通常2~3回行かなければならず、また、公証人は法律的にアウトかどうかしか教えてくれません。一方、行政書士などの専門家に依頼すれば、経験をもとにベストな内容を考えることができ、公証人の必要があった際も役場から近いのですぐ行くことができます。

遺言を作成される際には、まずは大阪相続遺言相談センターで相談していただければと思います。