相続放棄とは

ここでは、相続放棄について解説していきます。

相続放棄とは、被相続人の残した借金や財産(負債)を 引き継ぐ権利のある相続人が、それら財産や借金の相続を「引き継ぎません」と、宣言することを言います。
相続放棄は、相続開始を知った日から、3ヶ月以内家庭裁判所に申述しなくてはいけません。

財産には、「不動産」や「現金」「株式」「自動車」などのプラスの財産もあれば、借金や住宅ローンなどのマイナス財産も存在します。

また、借金のみならず、損害賠償請求権や損害賠償責任も相続の対象になってしまいます。

民法では、借金(負債)を相続すること自体を放棄することが可能となっています。
最近では、親の残した借金や住宅ローンなどを突然、相続することになってしまって困っている、などのご相談も多くなってきました。
期限(3ヶ月)を過ぎてしまうと、相続の放棄は出来なくなってしまいます(法律で決められているからです)。
悩まれている方は、お早めにご相談ください。

大阪相続遺言相談センターでは、土・日曜も無料相談を実施しています!

 

相続放棄の条件

相続放棄には、条件があります。

前述の通り、相続人は相続開始を知った日から3ヶ月以内に、家庭裁判所に相続放棄の申述をしなければなりません。相続人が複数いる場合、一部の人だけが放棄することも可能ですし、全員で放棄することも可能です。つまり、一人でも相続放棄は可能なのです。

しかしながら、相続放棄においては、「これは相続するけど、これは相続しない」ということは原則できません。

つまりは・・・
「すべてを相続するか」、 「すべてを相続しないか(すべての相続財産を放棄するか)」 しかないのです。

ですから、どんなに遅くとも3ヶ月以内、「相続財産が合計でプラスとなるのか、マイナスとなるのか」を、調査しなければいけません

なお、相続人が相続開始があったことを知った時から、3か月以内に単純相続するか、相続放棄をした方がよいか、判断する資料が揃わない場合は、家庭裁判所に申立てすることによって、期間を伸ばすこともできます。

このほか、場合によってはマイナスの相続財産(プラスの財産も)があることを知った時から3ヶ月以内でも、相続放棄が可能な場合があります
これについては、個別にご相談のお問合せをください。

借金の放棄は要注意!  ●相続放棄の注意点  ●限定承認とは

 

関連するページ