相続の専門家とは?

具体的な相続の進め方をお伝えする前に、相続問題のサポーターとなる専門家である、国家資格者についてご説明したいと思います。
どの国家資格者が、どんなサービスやサポートをしてくれるのかを、ご存知ではない方も多いのではないでしょうか?

各国家資格者の強みと、その仕事を下記にまとめましたので参考にしてください。

国家資格者一覧

国家資格 主要担当機関 強味・主要業務
行政書士 行政機関
(県庁・市役所・町役場)
●公正証書・契約書作成
遺産分割協議書の作成
●行政への届け出の代行
弁護士 裁判所 ●紛争やトラブルの調停・解決
●三番舒への申立て代行
●裁判での口頭弁論サポート
税理士 税務署 ●税務全般のサポート
●税務署への申告代行

現実的な相続においては、遺産相続において裁判で争ったり、また相続税を納めたりというケースは、 全体の10%も発生していないのが現実です。

ですから、遺産分割協議書作成正式な代行業務が出来る行政書士が、 ほとんどの相続手続きサポートが出来るという訳です。
まずは、専門家に相談しつつも、「何を」「いつまでに」しなくてはいけないのか、 正確に把握して相続の完了に向けて、着実に進めていきましょう!

 

関連するページ