複雑な相続手続き

相続の手続きは様々な手続きを必要とし、また複雑な手続きが多いです。
その中でも、特に「相続人間の話がまとまっていない」「未成年の相続人がいる」などのケースでは、手続きがさらに複雑となります。

全ての相続手続きを終えるまでに1年以上かかるものであったり、海外に相続人がいるために、手続きが非常に面倒になってしまう場合などが多々あります。

下記に複雑な相続手続き発生するケースを一覧で掲載しておりますので、ご一読下さい。

相続手続き一覧

>>相続人が多くて話がまとまらない場合

>>面識のない相続人がいる場合

>>海外に在住している相続人がいる場合

>>相続人に未成年がいる場合

>>相続人に行方不明がいる場合

>>相続人に認知症がいる場合

複雑で困難な相続手続きは、是非とも相続専門の司法書士にお任せ下さい。

当センターのサポートサービス

相続の手続きをするためには、遺産分割の内容に全員が同意をしたうえで、全員の実印と印鑑証明書が必要になりますので、相続人が大勢いる場合、話し合いや書類のやり取りが非常に煩雑になります。

そこで、当事務所にご依頼いただければ、相続人の調査から遺産分割協議書の作成、およびその受け渡しを、相続人様の間に入ってサポートいたします。

また、遺産の分け方についても専門家が第三者の中立な立場でアドバイスを行い、遺産分割協議をスムーズに進めます(※ あくまでも特定の相続人の味方ではなく公平な第三者の立場としてのお手伝いになります)。

もちろん、その後の遺産分割協議書や登記申請書等の書類作成やそのやり取りについてもまとめてサポートいたします。

第三者である専門家がアドバイスを行うことで、法律的にも感情的にも円満な遺産分割を行い、争いに発展したときに必要となる弁護士費用を節約すると同時に、相続人同士の関係が悪化することを防ぎます。

>>遺産分割サポートサービスの詳細はこちら

>>相続手続きまるごと代行サービス(遺産整理業務)の詳細はこちら

 

 

関連するページ