エボラ出血熱

2014/10/29

エボラワクチン、スイスで臨床試験を開始するようですね。
(読売新聞より)
【ジュネーブ=石黒穣】スイス西部のローザンヌ大学病院は28日、エボラ出血熱を防ぐワクチンの臨床試験を31日から始めると発表した。

 英製薬大手グラクソ・スミスクラインなどが開発したもので、研究が最も先行している2種類のワクチンの一つ。世界保健機関(WHO)の支援を得ながら、学生ら志願者120人に接種し、安全性や有効な量を確認する。12月に最初の結果が出る。

 このワクチンの臨床試験は、米国と英国でも始まっている。臨床試験の結果が良好であれば、西アフリカでの対象人数を増やした試験投与を経て、量産に進むことができる。

スタッフ日記の最新記事