相続税改正直前! 今すぐできる「相続対策」

2014/10/27

サンケイビズにこんな記事が載っていました。
以下、引用。

2015年1月から相続税制が大きく変わる。
相続税の基礎控除が現行「5000万円+1000万円×法定相続人の数」から「3000万円+600万円×法定相続人の数」と6割の水準に引き下げられるのだ。
仮に法定相続人が配偶者+子供1人の2人とすると、基礎控除が7000万円だったものが4200万円になり、相続財産額7000万円なら今までは非課税だったが、160万円の税金がかかるようになる。
もし3億円ともなると、2900万円だった相続税が3460万円にも膨れ上がる。
来年からの相続増税の負担を減らすのに効果的な施策のひとつが「生前贈与」だ。
実際に生前贈与で財産を圧縮する人は増えており、2013年の贈与税の申告納税額は前年比で31%増。
今年はさらに増えるという予測もある。
生前贈与の基本は、1人当たり年間110万円の基礎控除を利用するいわゆる『暦年贈与』です。
たとえば、お子さん1人とお孫さん2人に毎年110万円ずつコツコツ贈与されると、10年たてば3300万円にもなり、早く長く実施すると意外と効果があります。

スタッフ日記の最新記事