子供置き去りの記事について

2014/06/27

子供置き去りが増えているようですね。
背景には生活に苦しくなって、もしくは新たに彼氏彼女ができたことにより等色々理由がありそうです。

離婚や未婚のまま出産することについて
周囲の人間の理解が深まって、大分増えたような気がします。
周囲にそういう人が増えて、以前よりは周りに後ろ指刺されず
生活できるようになっているのかもしれません。

子供を産んだ時点で、責任感持って行動しないといけない
と思いますが、児相や民間の業者があるといっても
彼氏彼女に会いたいからというような理由で保護というのは
難しいでしょうし、今後こういう事が増えていくことは
想像できるので、行政が動かないといけないでしょうね。

(読売新聞 より)
子供置き去り483人、餓死寸前も…過去3年

 親に育児を放棄され、自宅などに置き去りにされた子どもが今年3月末までの3年間に全国で延べ483人に上ることが読売新聞の調査でわかった。

 餓死寸前で保護されるなど命が危ぶまれるケースもあった。神奈川県厚木市で5月、アパートに置き去りにされた男児が遺体で見つかるなど、育児放棄された子どもが衰弱死する事件が相次いでおり、専門家は「詳しい実態調査が必要だ」と指摘している。

 今回の調査で、子どもが置き去りによって命の危機にさらされている状況が明らかになったが、国や自治体はこれまで、詳細な調査や特別な対策は講じてこなかった。今後、早期発見・保護のための態勢作りが求められそうだ。

 調査は6月、児童相談所(児相)を設置する都道府県と政令市、一部の中核市の全69自治体を対象に実施。2011~13年度に置き去りにされた子どもの人数などを尋ね、全自治体から回答を得た。この中には、親が子どもを自宅に残したまま音信不通になったり、屋内外に長時間、頻繁に放置したりしたケースのほか、出産直後の「捨て子」も含まれる。

スタッフ日記の最新記事