相続・遺言の話~財産上の権利義務について~

2013/11/03

相続とは、死亡した人の財産上の権利義務を、特定の人に引継がせることをいいます。
権利義務というからには、現金や不動産などプラスの財産(権利)の他に、借金などマイナスの財産(義務)も引継ぐことに注意が必要です。
相続は人が亡くなって生じるものですので、「祖父母や両親が亡くなってから考えればよい」あるいは「私が死んでしまえば、もう関係ない」と考えている方も多いかもしれません。
しかし、相続は亡くなってからの問題だけでなく、亡くなる前に考えなければならない問題でもあります。
相続の問題を考えるためには、自分に何ができるか、相続が起こってしまうと財産上の権利義務はどうなってしまうのか、を知っておかなければなりません。

相続花子

スタッフ日記の最新記事