相続関係説明図。。

2012/05/02

相続人を確定するために相続関係説明図というものを作成します。
家系図にちょっと似ているかもしれません。
作成には戸籍が必要になりますが、単に夫・妻・子というものでも
かなりの戸籍を必要です。この場合夫が亡くなると妻二分の一、
子二分の一になりますね・・・ほかに相続人がいなければ・・・
なぜかなりの戸籍が必要なのでしょう?
それは相続関係説明図に間違いがあっては、それを元に相続が
行われたときに非常に問題が生じるのです。
そこでかなりの戸籍を必要とします、この場合は夫の出生~死亡まで。
戸籍というのは何度か改正がかかっているので、一枚で足りるという人は
ほとんどいません。少なくても三枚。多い人なら・・十枚超える人もいます。
その一枚一枚を確認しつつ掘り起こしていきます。
たとえば前妻はいなかったのか、認知した子供はいなかったのかなどを。
こういうことを細かく確認したうえで相続関係説明図は完成に至るのです。
幕度

スタッフ日記の最新記事