財産を相続したとき

2015/10/14

相続税~ 財産を相続したときについてです。
非課税財産があるのがポイントですね。

(国税庁HPより)
財産を相続したときの税金

 亡くなった人から各相続人等が相続や遺贈などにより取得した財産の価額の合計額が基礎控除額を超える場合、相続税の課税対象となります。
相続税の課税対象となる課税遺産総額の計算

    (1) 相続や遺贈によって取得した財産(遺産総額)の価額と、相続時精算課税の適用を受ける財産の価額を合計します。
    宅地や建物の評価方法(「宅地や建物の評価方法」参照)
    相続時精算課税(「相続時精算課税」参照)
    (2) (1)から債務、葬式費用、非課税財産を差し引いて、遺産額を算出します。
    (3) 遺産額に相続開始前3年以内の暦年課税に係る贈与財産の価額を加算して、正味の遺産額を算出します。
    (4) (3)から基礎控除額を差し引いて、課税遺産総額を算出します。

注:正味の遺産額が基礎控除額を超えない場合には、相続税はかかりません。
 非課税財産

    1 墓所、仏壇、祭具など
    2 国や地方公共団体、特定の公益法人に寄附した財産
    3 生命保険金のうち次の額まで 
    500万円×法定相続人の数
    4 死亡退職金のうち次の額まで
    500万円×法定相続人の数

ハムスターの独り言。
クリックしてねー☆

スタッフ日記の最新記事