大阪市が職員2人を分限免職

2015/09/30

大阪市が職員2人を分限免職とする方針を固めたそうですね。
公務員になったら安泰といった時代ではなくなったんでしょうか。
人事評価が2年連続で最低ランクとはどれくらいのものなのか分からないですが、公務員も民間の企業並みに良いサービスが出来るようになってほしいですね。

(読売新聞より)
大阪市は、職員基本条例に基づき、職員2人を民間の解雇にあたる分限免職とする方針を固めた。

 人事評価が2年連続で最低ランクとなり、研修などを受けさせたが、改善が見込めないと判断した。同条例は橋下徹市長が率いる大阪維新の会の主導で2012年に大阪府と大阪市で成立したが、条例の手続きに従い、「能力不足」とした職員に分限免職を適用するのは初めて。30日にも発令する。

 分限免職は、職務に適格性を欠く場合に行われ、不祥事を起こした職員への懲戒免職とは異なる。地方公務員法で規定され、長期の病気休職などを理由に適用されるのが一般的だが、橋下氏は「(条例で)ダメな職員を辞めさせれば、組織を活性化させる起爆剤になる」と主張していた。

ハムスターの独り言。
クリックしてねー☆

スタッフ日記の最新記事