中国の相続

2015/02/17
中華人民共和国での相続については中華人民共和国継承法で定められており、次のような特徴がある。
 
相続回復請求権の短期の時効期間が2年である(中華人民共和国継承法8条)。
 
配偶者の相続順位について、子や父母と同列の第一順位とされている(中華人民共和国継承法10条1項)。
 
嫡出子と非嫡出子の相続における地位が等しい(中華人民共和国継承法10条3項)。
 
配偶者の一方が亡くなった配偶者の父母に対して主たる扶養義務を尽くした場合には、第一順位の相続人となる(中華人民共和国継承法12条)。
 
なお、中華人民共和国での相続制度は扶養制度と密接に関連したものとなっており、扶養との関係により相続人の相続分が変更になる場合がある。

 

ハムスターの独り言。
クリックしてねー☆

スタッフ日記の最新記事