嫡出子の相続分

2015/01/19

今日は、嫡出子の相続分について。 

平成25年12月5日,民法の一部を改正する法律が成立し,嫡出でない子の相続分が嫡出子の相続分と同等になりました(同月11日公布・施行)。
相続分が変わってくるので、大きな改正ですね。ライフスタイルが変わっていっているとはいえ、戸籍を辿って行ってみるとしらない子供が出てきて、嫡出子と同等の取り分になるので、知らなかったら結構びっくりしますよね。

(法務省HP参照)
民法の改正の概要
1 法定相続分を定めた民法の規定のうち嫡出でない子の相続分を嫡出子の相続分の2分の1と定めた部分(900条4号ただし書前半部分)を削除し,嫡出子と嫡出でない子の相続分を同等にしました。
2 改正後の民法900条の規定(以下「新法」)は,平成25年9月5日以後に開始した相続について適用することとしています。
(注)「嫡出でない子」とは,法律上の婚姻関係にない男女の間に生まれた子をいいます。

新法が適用される相続について
 新法が適用されるのは,平成25年9月5日以後に開始した相続です。もっとも,平成25年9月4日の最高裁判所の違憲決定があることから,平成13年7月1日以後に開始した相続についても,既に遺産分割が終了しているなど確定的なものとなった法律関係を除いては,嫡出子と嫡出でない子の相続分が同等のものとして扱われることが考えられます。

ハムスターの独り言。
クリックしてねー☆

スタッフ日記の最新記事