相続税対策として有効な不動産賃貸や不動産投資

2014/09/14

ZUUオンラインにこんな記事が載っていました。
以下、引用。

平成27年の相続税の大増税に向けて相続税対策への注目は高まる一方です。
相続税対策として非常に有効な手段として、不動産賃貸、特に、所有不動産 の賃貸という方法があります。
すでに不動産賃貸をされておられます方にとっては、釈迦にご説法となってしまいますが、不動産を保有されることで相続税の計 算の際に、正味の遺産が圧縮できること、賃貸経営を通して収入を得ることが期待できることなどから、不動産は相続税対策として極めて有効です。

 ただ、こちらも同時にお感じになられるのではないかと思われる点なのですが、不動産賃貸の場合には固定資産税や管理費のご負担・空き室リスク・相続人が 複数の場合にはどなたに相続させるべきかなどの問題がある点も否定できない点かと思われます。
相続税対策として非常に好まれ、また、効果も高いものの、や はりいくつかリスク・問題点は存在しています。

 相続税対策は(人間が考えるものですので)完璧なものはありません。
そのため、不動産投資・経営を軸とされつつも他にも相続税対策を並行して行われるこ とが、リスクヘッジとしては重要と言えます。
では、不動産の賃貸・投資以外としてはどのような相続税対策方法があるのでしょうか。
一度、当事務所にご相談ください。初回無料で承っております。

スタッフ日記の最新記事