相続・遺言の話~愛人・内縁・非嫡出・連れ子について~

2013/09/15

愛人、内縁関係(男女が結婚の意思を有していて同居し、事実上の婚姻関係にありながら、法律上の婚姻届をしていない)の場合は、相続人になることはできず、相続分はありません。
ただし、法定相続人がいない場合には、特別縁故者として相続が認められる場合があるようです。
被相続人の妻以外の女性から生まれた子であっても、認知され非嫡出子(ひちゃくしゅつし=婚姻届を出していない男女間に生まれた子供)となれば相続権を持ちます。
妻の連れ子は父からみれば継子(けいし=自分の子でない子)であり、血族ではなく、姻戚関係(いんせきかんけい)にすぎないため継子に相続権はありません。
継子にも相続させたい場合は、被相続人の生きているうちに養子縁組をしておくか、遺言で遺贈をしておくのが良いかと思います。
わからないことがあれば、一度相談にいらしてください。

相続花子

スタッフ日記の最新記事