相続・遺言の話~話し合いがスムーズにいかない時~

2013/07/28

一般的に遺産には、現金だけでなく不動産や株式などの様々なものがあります。
これを相続人全員が、満足できるように分割するのは、大変難しいものです。
それぞれの相続人の家庭の事情や、亡くなった人との親密感などで、必ずしも話し合いがスムーズにいくとは限りません。
遺産を分割する場合は、まず、相続人全員の遺産分割協議によって、解決するのが原則となっています。
ただ、1人でも協議に同意できない人がいるときは、家庭裁判所に「遺産分割調停申立書」を提出して、調停で解決することになります。
この調停というのは、家庭裁判所の調停委員が、相続人同士の意見や主張を聞きながら、うまく合意できるように進める制度です。
話し合いがスムーズに進まない・・・等のお悩みがあれば、一度無料相談にいらしてください。

相続花子

スタッフ日記の最新記事