相続・遺言の話~遺言書のすすめ1~

2012/12/24

子供のいない夫婦の場合・・・
夫婦の一方が死亡した場合、残された配偶者と被相続人(財産を残して死んだ人)の兄弟姉妹(被相続人の親が生きていれば親)が相続人となります。
配偶者が4分の3、兄弟姉妹が4分の1という法定相続分です。
夫婦で築いた資産を資産形成には関係ない兄弟にも配分しなければならないのです。
また、兄弟のうち死亡している者がいれば甥や姪が代襲相続人となり、遺産分割する際には、甥や姪に頭を下げてお願いしなければならないという事態ともなります。
ちゃんと遺言を書いておけば、全て配偶者に相続させることができ、兄弟姉妹等の協力も必要ありません。
また、夫婦別々に相互遺言を作るのをおススメします。

相続花子

スタッフ日記の最新記事