相続・遺言の話~動産について~

2012/11/25

相続財産の評価方法が定められているものの・・・
8つめ.その他
動産の場合は、貴金属には基準価格(取引相場)があるのでそれに従いますが、それ以外には特に基準が無いので売買価格(中古取引価格)や専門家に従います。

相続財産の評価は、相続税算出の難所でありキモと言えます。
土地の評価などは、土地の形や位置など様々な要件によって差が出てきますので、とても素人の手には負えるものではありません。
資産が多く相続税がかかる予定で、できるだけ節税をしたければ、あらかじめ専門家に相談し依頼しておきましょう。
ぜひ一度、初回無料の相談にご来所ください。

相続花子

スタッフ日記の最新記事