相続・遺言の話~遺留分減殺請求の期限~

2012/08/12

遺留分を侵害された相続人が、遺留分の権利を行使し取り戻すためには、自分の遺留分が侵害されたことを知ってから1年以内に、遺留分減殺請求書という書面を遺留分を侵害した(と思われる)相続人、受遺者、受贈者(被相続人から贈与を受けた人)全員に送ります。
遺留分の権利は、相続開始を知ってから1年以内に行使しなければ時効で失われます。
また、長く海外にいて相続があったことを知らなかった場合でも、相続開始から10年以上経過すれば時効となり、それ以降は遺留分減殺請求ができなくなります。

相続 花子

スタッフ日記の最新記事