遺言書を見つけたら・・・?

2012/05/13

遺言書を見つけたら、公正証書遺言形式以外のものであれば、まず家庭裁判所に行き検認を受けなければなりません。
遺言書の検認とは、遺言書の形式や状態の調査・確認の手続きで、遺言書の偽造・変造を防ぎ、その存在を確認するためにおこなわれる証拠保全手続きの一種です。
検認を受けるためには、まず遺言書の発見後、遅滞なく相続開始地の家庭裁判所へ持参し、検認の申立てをします。
家庭裁判所に備え付けの検認申立書(ネットでダウンロードもできます)に必要事項を記入し、遺言者の戸籍謄本(出生時から死亡までの全ての戸籍謄本)と申立人・相続人全員の戸籍謄本、遺言書とともに提出します。

相続 花子

スタッフ日記の最新記事