公正証書遺言とはどのようなものか

2012/05/06

公正証書遺言は、公証役場にて証人二人以上の立会いの下に遺言内容を口述し、公証人がそれを筆記して作成する遺言書です。
筆記した遺言書を公証人が読み上げ、内容に相違なければ遺言人と証人がそれぞれ遺言書に署名・押印し、最後に公証人が民法にのっとった方式で作成された遺言書である旨を記載し、署名・押印してできあがります。
なお、遺言者が病気などの理由で公証人役場に出向くことができない場合は、出張料が別途かかりますが、自宅や病院に公証人を呼んで作成することもできます。

相続 花子

スタッフ日記の最新記事