相続・寄与分

2012/04/26

寄与分というものが
民法904条の2に規定されています。
言葉自体は聞かれたことがあるかもしれませんが、
これが家庭裁判所で認められるのは
なかなか難しいかもしれません。
単純に被相続人と同居をし介護をしていたというのではなく、
特別な寄与、つまり
親族間の扶養義務に基づく一般的な寄与の程度を
はるかに超えたものでなければならないからです。

スタッフ日記の最新記事