遺言の解釈

2012/04/23

遺言の解釈にあたっては、
遺言書の文言を形式的に判断するだけでなく
遺言者の真意を探求すべき、
というのが判例の考えです。
とはいえ、もういない遺言者の意思を他人が
推し量るのは難しいことです。
せっかく遺言書を作成するのであれば、
誰が見てもわかるように残しておくべきでしょうね。

スタッフ日記の最新記事