相続と遺贈の昨日の続き。

2012/03/08

相続と遺贈の昨日の続きです。
いろいろと調べたところ・・・
ともに遺言でなされる(?)相続は違う気がしますが・・
相続は被相続人の財産が法律で決まっている人に引き継がれて
遺贈は相続権に関係なく、隣に住んでる人とか向かいのおばちゃんとか
公園でよく会う人などでもいいみたいですね。遺贈するかどうかは別にしてね(笑)
あと細かいところで遺贈は受遺者(もらう人ね)が放棄することができるけど、
相続は相続権そのものの放棄になるようです。こちらは限定承認という方法も
あるので、これだけになると断言はできませんが。
それと登記に関しても違うところがあるようで、遺贈は相続人と共同で申請、
相続は相続人単独で申請。さらに税金も遺贈が相続より高いみたいですね。
だから遺言で相続人に対して『遺贈させる』という文言をつかうより、
『相続させる』という方が税金が安くなるかもしれませんね。
幕度
   

スタッフ日記の最新記事