遺産分割協議をおこなうことについて

2012/02/19

さて、相続人全員が揃い、相続財産の調査も終えて遺産目録も作成できたら、次はいよいよ遺産分割です。
遺産をどのように分けるかは、遺産分割協議で決められます。
遺産分割協議は、相続人(または相続分の譲受人や包括受遺者)全員参加でおこないます。
相続人に未成年者や被後見人がいれば、法定代理人(特別代理人)や後見人が代理で参加します。
但し、相続人の中に遠方にいる者がいて、一堂に会するのが困難な場合は、電話での参加や持ち回り、つまり連絡しあって結論を出すというやり方でも、相続人間で異論が無ければ構いません。

相続花子

スタッフ日記の最新記事