遺言の方式

2012/01/31

遺言は方式に従って意思表示をしなければ効力を生じませんが
(民法第960条)、
民法には遺言者がその事情に応じて利用できるよう
7つの方式を定めています。
7つって多いですよね。
ただ、普段よく使われるのは、
「自筆証書による遺言」(民法第968条)、
「公正証書による遺言」(民法第969条)
ぐらいでしょうか。

スタッフ日記の最新記事