相続放棄についての注意点

2012/01/29

相続放棄は、ほとんど負債が資産を上回っているときにおこなわれます。
悪く言えば、他の相続人に債務を押し付けることと同じなので、次に相続人になる人がそのことを知らずにいると、後々大きな問題になります。
ですから、相続放棄をするときは、次に相続人になる人にあらかじめ事情を説明しておきましょう。
誰が次に相続人にあたるかわからない、連絡がつかない等のことがあれば、ご相談ください。

相続花子

スタッフ日記の最新記事