相続手続・遺留分

2012/01/10

遺留分制度とは、相続の場合に、
被相続人が相続人のために必ず相続財産の一定部分を
何らかの方法で保障する制度をいいます。
この遺留分を請求できるのは、
配偶者、子、直系尊属、つまり兄弟姉妹以外の相続人です。

スタッフ日記の最新記事