相続~生命保険の扱い~

2011/11/12

生命保険の場合、その受取人によっては相続財産にならないこともあります。
被相続人が保険契約者で保険金受取人も被相続人なら、保険金(保険金請求権)は遺産になります。
被相続人が保険契約者ではなくても、保険金受取人に被相続人が指定されていれば、やはり保険金は相続財産です。
しかし、保険契約者が被相続人であっても、保険金受取人に妻や子などが指定されていれば、保険金(保険金請求権)は妻や子の独自の権利であって、遺産には算入されず遺産分割の対象にはなりません。
疑問点をそのままにせず、初回無料の相談に、ご来所いただくことが安心につながるかと思います。

相続 花子

スタッフ日記の最新記事