相続欠格について

2011/11/02

相続欠格においては、その対象者となりうるのは全ての推定相続人であるが、相続人の廃除においては、
その対象者となるのは遺留分を有する推定相続人に限られる。

正解は○

スタッフ日記の最新記事