相続~遺言で思いを遺す~

2011/09/12

遺言書は、相続財産の分け方を書くためだけにあるのではありません。
そもそも遺言書を書くということは、法律で定められた相続分を超えて、誰かに財産を多く、それ以外の人には少なく相続させる場合が多いのです。
その場合、遺言者の考えや思いが十分に伝わらなければ、納得できない相続人が出てくる可能性があります。
たとえつたない言葉であっても、遺言書を書く思いや背景が書かれていれば、相続人の気持ちは随分と違ってくるのではないでしょうか。
「○○には渡すものは少ないけれども、本家を守り立ててやって欲しい」、「兄弟仲良くしてほしい」とった言葉がかいてあれば、思いの伝わり方が全く違うと思います。

相続 花子

スタッフ日記の最新記事