財産相続~遺言の効力はこんなにある!~

2011/08/12

法律で決められている相続分(法定相続分)を変えることができます。
例えば、お父さんが亡くなって、お母さんと子供2人が相続する場合、法定相続分は、お母さんが2分の1、子供がそれぞれ4分の1になります。
仮に遺言書で「長男には2分の1を相続させる」とあれば、その割合で分割することができます。
次に、相続させる財産を指定することもできます。
例えば、「どこそこの土地は次男に相続させる」とあればその通りにできます。
法定相続分を変えただけでは、割合は決まっていても、具体的に誰が何を取得するのか、遺産分割協議が必要になることがあります。
誰に何を相続させるのかを決めておいた方がスムーズに名義変更が行なえます。
他にどんなことができるのか・・・また次回お話したいと思います。

相続 花子

スタッフ日記の最新記事