相続と一身専属権

2011/08/30

(相続の一般的効力)
第八百九十六条 相続人は、相続開始の時から、被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継する。ただし、被相続人の一身に専属したものは、この限りでない。

またまた民法ですが、
一身専属のものとは、行政書士の資格だったり、医者の資格だったり、その人でしかできないものをいうのですが、
そういうものは相続できませんよ、ということです。

当たり前といえば当たり前ですが。

井上

スタッフ日記の最新記事