• JR大阪駅・梅田駅・大阪梅田駅からも徒歩2分の場所

平日・土日祝日対応可、当日予約9:00〜21:00

0120-31-8740

~いよいよ始まった!現場から報告します~自筆証書遺言保管制度の全貌④~実際にやってみた!遺言書保管制度ルポ~

大阪相続遺言相談センターです。

久しぶりの相続遺言短歌を一首
「ワタシより あなたを想う だいじょうぶだよ ワタシにもそう だれかが伝えて 」

当センターの経営理念である「相手の立場に立つこと」を毎日実践したいと思いながら、できていない自身を反省することが多いのですが、そういう自身に「だいじょうぶだよ、たいしたことじゃないよ」と、言ってくれる人がいてくれること、それも大切なのではないかなと。すみません、抽象的で。相手のことを想うばかり、自分の心を壊してしまわないよう、まったり、ゆったりとした社会を願います。

ところで、前回のスタッフ日記に書きました通り、近年の相続法改正をからめた相続相談・遺言相談が増えており、令和2年7月10日から始まった制度である法務局での「自筆証書遺言書保管制度」を、当センターのスタッフが実際に体験してまいりました。その後、当センターの相談内容にもこの制度に関する質問が多く、そのうち法務省HPにすでにあがっているものを末尾に参考として掲載しつつ、当センターにどのような質問があり、どのような回答をしたのかをご紹介しますね。

世間は自筆証書遺言書保管制度のことに興味津々♪

以下はQはお客様から当センターに質問された事項、答えは当センターの相談員がお答えした内容です。あくまでこの日記を書きました時点(令和2年8月7日)での内容ですのでご了承願います。

Q1.遺言書の保管申請書は遺言を書いた人が自分で書かないといけないの?

いえ、保管申請書、撤回申請書はパソコン入力したものでもいいですし、代筆でもOKです。

Q2.遺言書の書き方を法務局で教えてもらえるの?

いえ、書き方や内容については法務局は一切責任は負わないようですよ。法務局の窓口では形式のみチェックします。

Q3.保管申請のために法務局の窓口にいったときに、本人確認されるということですが、運転免許証もパスポートも持っていないけれど、どうしたらいいのでしょうか?

顔写真付きの本人確認書類ではないとダメだとのこと(法務局の窓口で聞いてみました)ですから、マイナンバーカードを事前に作成しておかないといけないですね。

Q4.自分で書いた遺言書は法務局にあずけなければならなくなったのですか?今まで通り仏壇や金庫に入れておいたらダメってこと?

いえ、そうではありませんよ。自分で書いた遺言書を預ける先として選択肢が増えたということです。どこに預けたらいいかわからないという方が多いですし、万一仏壇や金庫に入れておいても紛失したり、誰かに見つかって捨てられる場合もありますが、法務局に預けることで安心だということです。

Q5.実際、公正証書遺言書を残すのと、自筆証書遺言書保管制度を活用するのとはどちらがいいのでしょうか?

これはあくまで当センターのスタッフからのアドバイスとして書きますね。ズバリ公正証書にした方がいい場合!自筆証書を書いて保管制度を利用した方がいい場合!にわけて3つずつ書きますね。

★公正証書遺言書にした方がいい場合

①すでに推定相続人(もし遺言書を残す人が亡くなった場合に相続人になるであろう人のことを言います)の間でもめている場合

公正証書遺言書は公証人が内容チェックをしてくれたうえで、証人2名以上立ち合いのもとで厳格に遺言書が完成しますから、のちに遺言者が死亡したあとの相続手続きの際の紛争防止にはいいですからね。公正証書遺言書は無効になる可能性が低いのです。

②不動産や預貯金が多かったり債務もある場合

遺言書の本文も財産明細もすべて公証人がPCで作成してくれて、遺言をする人は遺言日に署名するだけでいいですからゼロから作成しなくてもいいのです。

③あげたい相手が他人や知人、遠い親戚である場合

あげたい相手(受遺者といいます)が他人であれば、推定相続人の手前、もめるかも要素が・・・。
遺留分侵害額請求権の問題があるので。

★自筆証書遺言書保管制度を使えるなという場合

①遺言の内容がシンプルでご家族仲良しの場合

財産明細が少なく、「全財産を○○へ」「不動産は長男へ、それ以外は二男へ」などわかりやすい内容である場合は自分で書いた遺言書は保管制度を活用しておくのでいいでしょうね。

②付言事項に書く内容が長く、自分で書いた手紙として残したい場合

遺言書の付言事項が長文である場合は自分で書いた遺言書のほうが、そのまま自筆で残るのでいいですね。

③ズバリ、遺言を書く人がとても元気な場合

法務局での手続きが煩雑なので。。。

 

ところでおまけなのですが、
「病院に入院している場合や、遺言を書いた本人がまったく外出できない場合に代理人が自筆証書遺言保管制度を使えるのか?」と相談されましたが、代理人による自筆証書遺言書保管制度の利用はできないので、こういう場合は公正証書しか無理ですねとお伝えしています。

元気なうちしか自筆証書遺言書保管制度は使えない!のです。

では次回のスタッフ日記をお楽しみに!

引用:法務省HP 自筆証書遺言書保管制度について 11:Q&Aより

この記事を担当した行政書士

P.I.P総合事務所 行政書士事務所

代表

横田 尚三

保有資格

行政書士

専門分野

「相続」、「遺言」、「成年後見」

経歴

P.I.P総合事務所 行政書士事務所の代表を務める。 相続の相談件数約6,000件の経験から相談者の信頼も厚く、他の専門家の司法書士・税理士・公認会計士の事務所と協力している。 また「日本で一番お客様から喜ばれる数の多い総合事務所になる」をビジョンに日々業務に励んでいる。


サポート料金

よくご相談いただくサービスメニュー

主な相続手続きのサポートメニュー

相続のご相談は当事務所にお任せください!

  • ご相談者様の声
  • 当事務所の解決事例

よくご覧いただくコンテンツ一覧

葬儀後、相続発生後の手続き

  • 相続手続き丸ごと代行サービス

生前対策、相続発生前の手続き

  • 遺言書作成サポート
  • 生前贈与手続きサポート
  • 家族信託サポート
  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ

お客様から声をいただきました!

お客様の声を大切にします
  • お客様の声1…

    いろいろとアドバイスありがとうございました。おかげさまでやっと肩の荷がおりた気がいたします。来月父の一周忌を迎えます。心穏やかに過ごせそうです。感謝。

  • お客様の声1…

    いろいろな問題があってもやはり専門の先生に納得いくまで相談され、おまかせした方が後々安心できると思います。

  • お客様の声1…

    貴センターのような専門家の方に対応いただくととてもスムーズに手続きが完了し助かりました。

  • お客様の声1…

    私は手続きにかかる時間に苛立ちがありました。今回相談することでそんな苛立ちを解消する事が出来ました。まず相談されて不安を打ち明けてもらえたらいいのではと思います。

お客様アンケート一覧についてはこちら
Contact
無料相談受付中!
PAGETOP