• JR大阪駅・阪急梅田駅、 地下鉄御堂筋線梅田駅 からも徒歩2分の場所

平日・土日祝日対応可、当日予約9:00〜21:00

0120-31-8740

生前贈与のススメ

毎日新聞に、こんな記事が載っていました。
以下引用。

遺産のうち相続税がかからない「基礎控除額」が来年1月から縮小されるのを前に、証券会社が株式や投資信託の生前贈与を顧客に勧める動きが活発化してい る。少子高齢化による「大相続時代」を迎え、60~70代の顧客を多く抱える証券業界は、節税効果を売りに株や投信を子や孫に引き継いでもらい、若い世代 の投資につなげようとセミナーなどに力を入れている。

 ◇次世代の投資求め…来年1月から基礎控除額縮小
 基礎控除は従来の「5000万円+1000万円×法定相続人の数」から、来年以降は「3000万円+600万円×法定相続人の数」に縮小される。一昨年 に課税対象となった人は死亡者全体の4.2%(約5万2000人)だったが、基礎控除引き下げで7%程度まで増えると予想される。
 生前贈与だと、現金だけでなく株や投信も、もらい手は1人当たり年間110万円まで贈与税が控除される。子や孫に贈与を続 けると将来の相続財産が減り、払う税金が少なくて済む。
 株や投信は価格変動リスクがあるため、現金に換えて相続しようとする人も多い。証券各社は、株や投信のままでの生前贈与や、承継した現金の株式運用を呼びかけるセミナーを頻繁に開き、子や孫の世代にも投資を続けてもらおうと躍起だ。
  ただ、株や投信の生前贈与は、価格変動によって節税効果が変わる点に注意が必要だ。株や投信が相続段階で値上がりすれば、相続税が高くなるため、生前贈 与しておいた方が節税効果が増す。反対に値下がりすると相続税は安くなるため、年間110万円を超えて生前贈与する場合は贈与税の方が高くなり、税負担が 増えてしまうこともある。
 野村資本市場研究所の推計によると、相続資産の全体額は50兆円を突破し、今後も増加が確実。宮本佐知子主任研究員は「老後の資金計画を考慮しながら早めに自分の財産を把握して、節税の手を打つべきだ」と指摘する。

 ◇生前贈与◇
 生前に個人がお金や物を無償で個人にあげること。生前贈与の財産が110万円の基礎控除額を超えると、もらった人に贈与税がかかる。その年の1月1日か ら12月31日までの1年間に贈与を受けた財産の合計額に対して課税される。税率幅は、200万円以下の10%~1000万円超の50%まで。200万円 を超えると税率ごとに10万~225万円が控除される。来年からは、20歳以上の人が父母や祖父母から贈与を受ける際の税率を引き下げる一方、最高税率は 55%に引き上げられる。
 相続開始の3年以上前に生前贈与した財産は相続財産の課税対象から外れる。株式など有価証券は贈与時と直近3カ月の各月の終値の平均のうち、最低額が課税の対象となる。

相続のご相談は当事務所にお任せください!

  • ご相談者様の声
  • 当事務所の解決事例

よくご覧いただくコンテンツ一覧

葬儀後、相続発生後の手続き

  • 相続登記手続きサポート
  • 相続放棄手続きサポート
  • 相続手続き丸ごと代行サービス

生前対策、相続発生前の手続き

  • 遺言書作成サポート
  • 生前贈与手続きサポート
  • 家族信託サポート
  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ

お客様から声をいただきました!

お客様の声を大切にします
  • お客様の声5

  • お客様の声4

    全ての手続きについて不安があった。 丁寧に対応頂き満足している。まずは相談してみること。

  • お客様の声3

    相続に関する専門家の方々の仕事内容がよくわかりました。 全部が完了するまでに日数を要することも…。 予めどれだけのことをやっていただけるのか項目を挙げて、どの様な流れで手続きが進んでいくのか分かればよかったと思います。 丁寧かつ正確に仕事を進めていただけたと思います。 お会いした際のものごしの柔らかさに好感が持てました。

  • お客様の声2

    費用がどの程度かかるか分かりづらく感じるところが多かった。 最初におおよその費用について、説明があり、安心できた。 相続人が行方不明である特殊な状況でしたが、お陰様で思ったより早く解決でき、ありがとうございました。

お客様アンケート一覧についてはこちら
Contact
無料相談受付中!
PAGETOP