• JR大阪駅・梅田駅・大阪梅田駅からも徒歩2分の場所

平日・土日祝日対応可、当日予約9:00〜21:00

0120-31-8740

ちょっとブレイク♪手紙のようなもの!?「遺言の付言事項」とは

大阪相続遺言相談センターです。

まずは恒例のスタッフ相続遺言短歌シリーズより。

「遺言で 手紙ものこせる さあ活用 秘めたる感謝 あらわしけり」

今回もまたまたちょっとブレイク♪センターで公正証書遺言書サポートのお手続きをお受けいたしました、とある親子を見て感じたことを短歌にしてみました。

実際にあった事例について

お母さまが長女へ全財産をあげますという遺言でした。お母さまには長女と長男と二人のお子さまがいました。

お母さまは夫に先立たれてからは長女夫婦とその子(孫)と同居し、面倒を見てもらって過ごしてきました。

長男は就職後関東へ赴任してからは、盆と正月ですら帰省しなくなり、どこにいるかはわかるけれど何も交流がなくなってしまった状況になりました。

作成した遺言書は公正証書にすることになり、もちろん長男の遺留分に配慮した内容にしましたが、お母さまからの「なぜほとんどの財産を長女にという遺言にしたのか、長男にわかるようにしておきたい、長女への感謝の念を、自分が死んだ後でも家族で感じてほしい」という申し出から、私たちは「遺言の付言事項」を提案しました。

「遺言の付言事項」とは、法的な効力はないけれども遺言書の末尾に記載できるメッセージのことを言います。

この付言事項を活用することにより、遺言をした人がお亡くなりになられたあと、遺された家族の争いを防ぐこともできるかもしれないのです。 

このお母さまは次のような付言事項をのこしました。

「長女○○とその家族には長年お世話になりました。長女の夫〇〇さんにも良くしてもらって、感謝しかない。長男○○のことも大切に思っています。ただ就職後にほとんど会えなくなり、私が病気したときにそばにいてくれたのは長女とその家族でした。長男○○には、留学費用や生活費で十分にお金を渡したから、遺留分は請求しないでほしい。いままで本当にありがとう」

公証役場での遺言作成時には、私も証人とになり、この遺言書の調印に立ち合いましたが、お母さまはその時に泣いていらっしゃいました。

 

このときには付言事項として「相続分の指定について、そうした理由」を書きましたが、ほかにも付言事項としてよく書かれる内容は次の通りです。

・葬儀や法要の方法
・親族・兄弟姉妹間が仲良くやってほしいという思い
・代々伝わる家の家訓などを守ってほしいという思い
・献体や遺体の処置方法について
・自分が興した商売を引き継ぐ人への願い

これから季節はますます寒くなり冬本場へと向かってまいります。インフルエンザもはやりはじめたとのこと、皆様体調管理にはくれぐれもお気をつけてください。

次回のスタッフ日記もお楽しみに

よくご相談いただくサービスメニュー

主な相続手続きのサポートメニュー

相続のご相談は当事務所にお任せください!

  • ご相談者様の声
  • 当事務所の解決事例

よくご覧いただくコンテンツ一覧

葬儀後、相続発生後の手続き

  • 相続登記手続きサポート
  • 相続放棄手続きサポート
  • 相続手続き丸ごと代行サービス

生前対策、相続発生前の手続き

  • 遺言書作成サポート
  • 生前贈与手続きサポート
  • 家族信託サポート
  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ

お客様から声をいただきました!

お客様の声を大切にします
  • お客様の声1…

  • お客様の声9

    全ての手続きについて不安があった。 丁寧に対応頂き満足している。まずは相談してみること。

  • お客様の声8

    相続に関する専門家の方々の仕事内容がよくわかりました。 全部が完了するまでに日数を要することも…。 予めどれだけのことをやっていただけるのか項目を挙げて、どの様な流れで手続きが進んでいくのか分かればよかったと思います。 丁寧かつ正確に仕事を進めていただけたと思います。 お会いした際のものごしの柔らかさに好感が持てました。

  • お客様の声7

    費用がどの程度かかるか分かりづらく感じるところが多かった。 最初におおよその費用について、説明があり、安心できた。 相続人が行方不明である特殊な状況でしたが、お陰様で思ったより早く解決でき、ありがとうございました。

お客様アンケート一覧についてはこちら
Contact
無料相談受付中!
PAGETOP