• JR大阪駅・梅田駅・大阪梅田駅からも徒歩2分の場所

平日・土日祝日対応可、当日予約9:00〜21:00

0120-31-8740

事実婚とお金のこと⑥~ 夫婦間の契約取消権(民法754条)のこと

大阪相続遺言相談センターです。

センターには一般的な相続のお手続きのご相談以外にも、家庭環境に応じた相続の対策や婚姻・離婚についての相談も多く寄せられます。大好評のこのシリーズでは、「事実婚・内縁と財産のこと」にスポットを当てて実例を織り交ぜながらお伝えしております。シリー6回目の今回からは、事実婚について知っておきたい知識についてお伝えしていきます。

<法律上の夫婦とちがうことがある>

法律上の夫婦には民法第754条が適用されます。これは「夫婦間の契約取消権」といい、

法律では、「夫婦間でした契約は、婚姻中、いつでも夫婦の一方からこれを取り消すことができる。ただし、第三者の権利を害することはできない。」とあります。 

これってどういうこと?! 普通は、契約は詐欺や強迫でもないかぎり取り消すことはできません(もちろん未成年や認知症になっている方の場合は除きますよ)。

取り消したい場合は法的な手続きをおこなって争ったりしますよね。でもこの取り消しできるうんぬんを、夫婦間に適用してしまうと、

法律が家庭にはいることにもなりますし、夫婦間の問題は夫婦間で解決すべきという裁判所の考えがあり、この法律の条文があるのです。

夫婦間ではいつでも契約を取り消せるようにして夫婦間で解決してよということです。(しかし夫婦が破綻していれば取り消しできません。)

 

そしてこの規定は事実婚にはあてはめるのかどうか?気になりませんか?法律上の届出をしていないからといって、

取り消しできないとなると、「あ~やってしまったなあ」という後悔してしまう契約を夫婦間でしてしまったこともありますよね。

たとえば物をあげるというような贈与契約などです。

 

判例などではこの法律は事実婚には適用しないとなっているのです。つまり取り消ししたくてもできないじゃないか!ということになります。

ここは、法律上の婚姻と事実婚とでは取扱が違うところなので注意してください。

このようになっているのは、法律上の婚姻にくらべて保護が薄い配偶者を守るためだともいわれています。

いつでも取り消しできるとなると、相続権がない事実婚の配偶者の不安がさらに増すのです(相続権がない!?ということについては次回以降に詳しく)

 

では、事実婚の夫婦は婚姻後に贈与などの契約をするときは、どうしたらいいのか。もしできれば公正証書などの書面できちんと約束しておいてください。どのような書面を残したらいいのかなどは、ぜひとも当センターの司法書士、行政書士に相談くださいね。このような書面を作成するプロです。

 

次回は、まだまだある事実婚について知っておきたい知識のうち、「事実婚と相続権について」書きます。相続と遺言分野のプロである当センターにだからこそお伝えできることですね。

 

相続のご相談は当事務所にお任せください!

  • ご相談者様の声
  • 当事務所の解決事例

よくご覧いただくコンテンツ一覧

葬儀後、相続発生後の手続き

  • 相続登記手続きサポート
  • 相続放棄手続きサポート
  • 相続手続き丸ごと代行サービス

生前対策、相続発生前の手続き

  • 遺言書作成サポート
  • 生前贈与手続きサポート
  • 家族信託サポート
  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ

お客様から声をいただきました!

お客様の声を大切にします
  • お客様の声1…

  • お客様の声9

    全ての手続きについて不安があった。 丁寧に対応頂き満足している。まずは相談してみること。

  • お客様の声8

    相続に関する専門家の方々の仕事内容がよくわかりました。 全部が完了するまでに日数を要することも…。 予めどれだけのことをやっていただけるのか項目を挙げて、どの様な流れで手続きが進んでいくのか分かればよかったと思います。 丁寧かつ正確に仕事を進めていただけたと思います。 お会いした際のものごしの柔らかさに好感が持てました。

  • お客様の声7

    費用がどの程度かかるか分かりづらく感じるところが多かった。 最初におおよその費用について、説明があり、安心できた。 相続人が行方不明である特殊な状況でしたが、お陰様で思ったより早く解決でき、ありがとうございました。

お客様アンケート一覧についてはこちら
Contact
無料相談受付中!
PAGETOP