• JR大阪駅・阪急梅田駅、 地下鉄御堂筋線梅田駅 からも徒歩2分の場所

平日・土日祝日対応可、当日予約9:00〜21:00

0120-31-8740

空家の所有者は10年前に他界。そこに住み続けている長男。転勤になったので売りたいなあ。このままで売れる?

第7話~相続人ではない人から、不動産ではなくお金で欲しいと他言われたら!?~

大阪相続遺言相談センターです。

第6話では、空家のままにしていても税金が安く済むとは限らないこと、リスクが大きいことについてAさんに説明しましたね。そして、相続人のEさんの所在が分かり、Aさんから手紙を送って返事待ちであることもわかりました。
その後1か月ほどしてEさんの子であるCさんから手紙が届きました。(Cさんって誰?!と思われるかたは、第3話の親族関係図をご覧ください)

その手紙の内容は・・・・・・?

<サポート~本人に意思を確認して、代償分割を考えましょう>

Cさんからの手紙にはこんな内容が書かれてありました。

「おじいさんが亡くなって、私の母(E)が相続人であること知りました。おじいさんの家の名義をAさんだけのものにするということですが、母にも本当は権利があるのではないかと思います。まったく何ももらえず遺産分割協議書に母が実印をおすのはちょっと。。。。。少し補償みたいにお金で欲しい」

という趣旨のことが書いてありました。

Aさんが、こういう場合どうしたらいいのかと悩まれていました。
私たちはこれに対して、次のようにアドバイスしました。

ポイントは2点あります。

まず1点目は、この手紙は相続人であるEさん本人からではなく、その子どもであるCさんからのものであることです。この手紙での申し入れをどのように扱うのかですね。

そして2点目は不動産の名義をいらないというかわりにお金を渡すということができるのか、という点です。

まず1点目についてです。

相続人はEさんですので、Eさんご本人がそう考えているのかどうかを確認する必要があります。例えば、Eさんが寝たきりであって、意思表示ができない状態であれば、有効な遺産分割協議ができないおそれがあります。また、仮にそのような状態ではない場合でも、相続人である本人が、今回の遺産分割についてどう考えているのかが重要です。
Cさんからの手紙には、CさんとEさんの電話番号が書かれていましたので、この点については直接電話をかけて確認できそうです。

そして2点目です。

このように、遺産分割において不動産はいらないから代わりにそれに見合う現金等を、不動産をもらう相続人から受け取る形の遺産分割を「代償分割」といいます。

この「代償分割」は、不動産が主な相続財産で有る場合には、実務上よくあるケースです。これについては次回のブログでお話ししますね。お楽しみに。

相続のご相談は当事務所にお任せください!

  • ご相談者様の声
  • 当事務所の解決事例

よくご覧いただくコンテンツ一覧

葬儀後、相続発生後の手続き

  • 相続登記手続きサポート
  • 相続放棄手続きサポート
  • 相続手続き丸ごと代行サービス

生前対策、相続発生前の手続き

  • 遺言書作成サポート
  • 生前贈与手続きサポート
  • 家族信託サポート
  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ

お客様から声をいただきました!

お客様の声を大切にします
  • お客様の声5

  • お客様の声4

    全ての手続きについて不安があった。 丁寧に対応頂き満足している。まずは相談してみること。

  • お客様の声3

    相続に関する専門家の方々の仕事内容がよくわかりました。 全部が完了するまでに日数を要することも…。 予めどれだけのことをやっていただけるのか項目を挙げて、どの様な流れで手続きが進んでいくのか分かればよかったと思います。 丁寧かつ正確に仕事を進めていただけたと思います。 お会いした際のものごしの柔らかさに好感が持てました。

  • お客様の声2

    費用がどの程度かかるか分かりづらく感じるところが多かった。 最初におおよその費用について、説明があり、安心できた。 相続人が行方不明である特殊な状況でしたが、お陰様で思ったより早く解決でき、ありがとうございました。

お客様アンケート一覧についてはこちら
Contact
無料相談受付中!
PAGETOP