• JR大阪駅・阪急梅田駅、 地下鉄御堂筋線梅田駅 からも徒歩2分の場所

平日・土日祝日対応可、当日予約9:00〜21:00

0120-31-8740

遺言に書けるけれども法的な効力はないこと

こんにちは、大阪相続遺言相談センターです。 今日は遺言のお話です。

遺言の相談をお受けしていて、よく「こんなことは遺言に書けるのか、効力があるのか、それとも書けないのか」と相談を受けます。
今回はちょっとブレイク、 「遺言に書けるけれども法的な効力はないこと」についてお伝えします。

 「遺言書」を残したい人にとっては、「遺言書」は自分の死後に家族が読む生前のメッセージですので、いろいろと書きたいと思われるのではないでしょうか。

遺言に何を書くかは自由なのですが、仮に書いたとしても、「法的拘束力がない」ことがあります。つまり、「家族へのメッセージ」にはなりますが、その内容を実行するかどうかは、お願いされた家族の判断に任されることになり、法律上それを実現しなければならない義務はないことです。

それはいったいどのような内容でしょうか。

今までに遺言の書き方相談を受けた内容では、下記のような例が挙げられます。

① みんな仲良く暮らしてほしい。
② 残された奥さんを子供たちで協力して大切に面倒をみてほしい。
③ 自分の家を相続した人は相続した後は一生その家に住んで、他へは売るな。
④ 愛するペットの面倒を看てほしい。
⑤ 愛するペットに全財産をあげたい。
⑥ 自分が死んだら臓器提供したい。
⑦ 遺体は検体してほしい
⑧ 自分が死んだら○○と○○は離婚しなさい
⑨ 自分が死んだら長男ではなく次男が跡取りになりなさい。
⑩ 自分が死んだら、自分の借金は○○が支払いなさい。

これらは、遺言に書いてもいいですが、法的効力がありません。

他にも、先日とある取引のある葬儀社の担当者から問い合わせがありました。

『自分が死んだら○○を自分の養子にする』と遺言書に書けば、生きている間にはいろいろな事情があってできないけれども自分が死んだらできますか?

これもできません。養子縁組は養父母も養子も生きている間にしかできないのです。自分が死んだら跡取りが居なくなるから、死んだら○○が養子になってくれればいいと思ってのことですが、残念ながらできないのです。

皆様は、法的効力がないとしても、自分が死んだら家族に残したい伝えたいメッセージはありませんか?

そこで提案なのですが、そういった想いを「エンディングノート」で残してはいかがでしょうか。「エンディングノート」では、「遺言書」という法律上の形式にとらわれずに想いのまま書けますし、自分の思いをそのままの自分の言葉で伝えられます。

「遺言書」を書く側も、残された方に、「ありがとう」という感謝の気持ちを自分の言葉で伝えたいと思われるのでしたら、法律的なことは「遺言書」として、そして想いはそのまま「エンディングノート」として、両方ともを作成する方法はいかがでしょうか。

相続のご相談は当事務所にお任せください!

  • ご相談者様の声
  • 当事務所の解決事例

よくご覧いただくコンテンツ一覧

葬儀後、相続発生後の手続き

  • 相続登記手続きサポート
  • 相続放棄手続きサポート
  • 相続手続き丸ごと代行サービス

生前対策、相続発生前の手続き

  • 遺言書作成サポート
  • 生前贈与手続きサポート
  • 家族信託サポート
  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ

お客様から声をいただきました!

お客様の声を大切にします
  • お客様の声5

  • お客様の声4

    全ての手続きについて不安があった。 丁寧に対応頂き満足している。まずは相談してみること。

  • お客様の声3

    相続に関する専門家の方々の仕事内容がよくわかりました。 全部が完了するまでに日数を要することも…。 予めどれだけのことをやっていただけるのか項目を挙げて、どの様な流れで手続きが進んでいくのか分かればよかったと思います。 丁寧かつ正確に仕事を進めていただけたと思います。 お会いした際のものごしの柔らかさに好感が持てました。

  • お客様の声2

    費用がどの程度かかるか分かりづらく感じるところが多かった。 最初におおよその費用について、説明があり、安心できた。 相続人が行方不明である特殊な状況でしたが、お陰様で思ったより早く解決でき、ありがとうございました。

お客様アンケート一覧についてはこちら
Contact
無料相談受付中!
PAGETOP