• JR大阪駅・阪急梅田駅、 地下鉄御堂筋線梅田駅 からも徒歩2分の場所

平日・土日祝日対応可、当日予約9:00〜21:00

0120-31-8740

生命保険の受取人は誰にすべき?

生命保険の受取人を誰にするべきか考えたことはありますか?
保険契約の内容を変更する際、保障範囲や保険料にばかり注目してはいないでしょうか。生命保険 において、その他の項目では、受取人もとても重要な項目です。適切な人に適切なだけの金額を残しておくことが生命保険の大切な役割です。
 
社会人になると登場する生命保険、結婚や出産、自宅の購入など、人生の節目には必ずといっていいほど見直しの必要性がでてきます。見直すといってもどこを 見直せばいいの?という疑問もありますね。現在の支払い保険料は適切か、今後は何に備えたらいいのか、考える要素も節目ふしめで変化していきます。
 
今回は生命保険の、保険金の「受取人」に焦点をあてて、税金を安く抑えるコツや受取人を変更するパターンや変更をする際の考え方などを紹介します。
 
 

1.生命保険は受取人が誰かによって、かかる税金が変わる 


死亡保険金に税金がかかる3つのパターン

死亡保険金は民法上では「相続財産」ではなく受取人の固有財産となります。しかし、相続税法上は相続財産と見なされるために税金がかかってしまいます。か かる税金としては贈与税、相続税、所得税(+住民税)の3種類があります。保険契約の形によってそれぞれの税金がかかります。

保険契約の形は、保険料を支払う人(契約者)、保険をつける人(被保険者)、保険金を受け取る人(保険金受取人)が誰なのかによって分別されます。
 
◆贈与税がかかるパターン
契約者、被保険者、保険金受取人の全てが異なる人の場合は贈与税がかけられます。例えば契約者が夫、被保険者が妻、保険金受取人が子供といったパターンが挙げられます。
 
◆相続税がかかるパターン
契約者と被保険者が同じ人の場合は相続税がかけられます。例えば契約者と被保険者が夫、保険金受取人が妻や子供といったパターンが挙げられます。
 
◆所得税がかかるパターン
契約者と保険金受取人が同じ人の場合は、所得税がかけられます。例えば、契約者と保険金受取人が夫、被保険者が妻といったパターンが挙げられます。
 
どの契約形態にどの税金がかかるのか、そこまで複雑ではありません。受取人を誰にするのかを考える時には必須項目なので、覚えておきましょう。最低でも、契約形態によってかかる税金がかわることくらいは抑えておきたいですね。

相続のご相談は当事務所にお任せください!

  • ご相談者様の声
  • 当事務所の解決事例

よくご覧いただくコンテンツ一覧

葬儀後、相続発生後の手続き

  • 相続登記手続きサポート
  • 相続放棄手続きサポート
  • 相続手続き丸ごと代行サービス

生前対策、相続発生前の手続き

  • 遺言書作成サポート
  • 生前贈与手続きサポート
  • 家族信託サポート
  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ

お客様から声をいただきました!

お客様の声を大切にします
  • お客様の声5

  • お客様の声4

    全ての手続きについて不安があった。 丁寧に対応頂き満足している。まずは相談してみること。

  • お客様の声3

    相続に関する専門家の方々の仕事内容がよくわかりました。 全部が完了するまでに日数を要することも…。 予めどれだけのことをやっていただけるのか項目を挙げて、どの様な流れで手続きが進んでいくのか分かればよかったと思います。 丁寧かつ正確に仕事を進めていただけたと思います。 お会いした際のものごしの柔らかさに好感が持てました。

  • お客様の声2

    費用がどの程度かかるか分かりづらく感じるところが多かった。 最初におおよその費用について、説明があり、安心できた。 相続人が行方不明である特殊な状況でしたが、お陰様で思ったより早く解決でき、ありがとうございました。

お客様アンケート一覧についてはこちら
Contact
無料相談受付中!
PAGETOP