• JR大阪駅・梅田駅・大阪梅田駅からも徒歩2分の場所

平日・土日祝日対応可、当日予約9:00〜21:00

0120-31-8740

高倉健さん死の半年前に養女になった女性、約40億円相続

昨年11月、悪性リンパ腫により都内の病院で亡くなった名優・高倉健さん。

「養子縁組をする1年前に“長年世話になった人に財産を残したい”という相談を弁護士にしたそうです。自筆の遺書もしたためて“戒名なし、葬式なし、散骨を希望する”という意向を示しました」(スポーツ紙記者)

 その半年前に、養女となった女性がいた。
週刊女性プライムにこんな記事が載っていました。
以下、引用。

「女優としてドラマやCMなどに出演した後、ライターに転身。現在51歳のきれいな女性です。もともと健さんのファンで10数年前に知人の紹介で知り合うと、ふたりは健さんの自宅で生活するようになりました」(前出・記者)

 健さんは’59年に歌手の江利チエミさんと結婚したが、離婚。しかし、自らも独身を貫くことで愛に報いたとされる。実際、生前に購入された鎌倉の墓には、先祖の供養塔と、江利さんが流産してしまった水子地蔵が。その光景は今なお変わってはいない。

 しかし、後半生にはもうひとつの愛が育まれていたわけだ。2月初旬に金融機関の窓口を訪れ、相続手続きを行ったという養女。その遺産はやはり莫大なものだ。

「マンションや別荘、自宅を含めた不動産資産が約8億円のほか、金融資産が約30億円で、総額40億円と言われています。相続人は養女ひとりで、巨額なだけに“遺産目当て”という声もありました」(前出・記者)

 ただし、東京・世田谷区の自宅の名義は健さんのまま。 近所の人は、「健さんが亡くなってからは、人の出入りを見ない」と言うばかりで、養女も目撃されていない。亡くなった直後、自宅正面に掲げられていた健さ んの本名である“小田”という表札も今ははずされている。となると売却される可能性も。周辺の取引事例を見ても市場価格としては、土地だけで5億円は下らないという。

ハムスターの独り言。
クリックしてねー☆

この記事を担当した行政書士

P.I.P総合事務所 行政書士事務所

代表

横田 尚三

保有資格

行政書士

専門分野

「相続」、「遺言」、「成年後見」

経歴

P.I.P総合事務所 行政書士事務所の代表を務める。 相続の相談件数約6,000件の経験から相談者の信頼も厚く、他の専門家の司法書士・税理士・公認会計士の事務所と協力している。 また「日本で一番お客様から喜ばれる数の多い総合事務所になる」をビジョンに日々業務に励んでいる。


サポート料金

よくご相談いただくサービスメニュー

主な相続手続きのサポートメニュー

相続のご相談は当事務所にお任せください!

  • ご相談者様の声
  • 当事務所の解決事例

よくご覧いただくコンテンツ一覧

葬儀後、相続発生後の手続き

  • 不動産相続サポート
  • 遺産分割サポート
  • 相続手続き丸ごと代行サービス

生前対策、相続発生前の手続き

  • 遺言書作成サポート
  • 生前贈与手続きサポート
  • 家族信託サポート
  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ

お客様から声をいただきました!

お客様の声を大切にします
  • お客様の声1…

    貴センターのような専門家の方に対応いただくととてもスムーズに手続きが完了し助かりました。

  • お客様の声1…

    私は手続きにかかる時間に苛立ちがありました。今回相談することでそんな苛立ちを解消する事が出来ました。まず相談されて不安を打ち明けてもらえたらいいのではと思います。

  • お客様の声9

    全ての手続きについて不安があった。 丁寧に対応頂き満足している。まずは相談してみること。

  • お客様の声8

    相続に関する専門家の方々の仕事内容がよくわかりました。 全部が完了するまでに日数を要することも…。 予めどれだけのことをやっていただけるのか項目を挙げて、どの様な流れで手続きが進んでいくのか分かればよかったと思います。 丁寧かつ正確に仕事を進めていただけたと思います。 お会いした際のものごしの柔らかさに好感が持てました。

お客様アンケート一覧についてはこちら
Contact
無料相談受付中!
PAGETOP