• JR大阪駅・梅田駅・大阪梅田駅からも徒歩2分の場所

平日・土日祝日対応可、当日予約9:00〜21:00

0120-31-8740

暴力ふるう子に相続させたくない 裁判所の判断で余地

朝日新聞にこんな記事が載っていました。
以下、引用。

例外的に、遺留分さえもが剥奪されるケースがあります。財産を残す人(被相続人)に対して虐待や重大な侮辱を加えたり、著しい非行を働いたりした場合です。
裁判所の判断によって、相続人としての資格を奪う制度があり、「廃除」といいます。
  家裁への申し立てをできるのは被相続人です。
虐待がひどい場合、申し立てれば、廃除を認められる可能性があります。
あるいは遺 言に、虐待を加えた人を廃除の対象にしたい旨を書いておく手もあります。
亡くなった後、遺言執行者に家裁へ申し立ててもらうようにしておきます。

  廃除は極めて重い決定だけに、家裁はそれが妥当かどうかを慎重に見極めます。
家裁で処理された案件のうち、最終的に廃除が確定したのは2013年度で2割 未満です。
被相続人に過失がなく、長期にわたって一方的に暴行を受けた場合などに廃除は認められるそうです。

 子どもなどの廃除が認められるか微妙な場合、親はどうすればいいでしょう。
やはり遺言によって対応するのが現実的だと考えられます。
遺留分を下回らないぎりぎりの割合で、その子に財産を渡す旨を書いておくのです。

 子どもが反感を抱くのは避けられないかもしれませんが、少しでも納得してもらう必要はあります。
なぜ相続分を少なくしたのか、その理由を遺言の付言事項として書き残す例は多いようです。

  なお、相続権を剥奪する仕組みとしては、「相続欠格」と呼ばれる制度もあります。
例えば、被相続人を脅迫するなどして、むりやり自分に有利な遺言を書かせ たような場合、違法行為にあたるため、ただちに相続権は剥奪されます。
遺言書を自分で偽造した場合なども欠格となります。

ハムスターの独り言。
クリックしてねー☆

この記事を担当した行政書士

P.I.P総合事務所 行政書士事務所

代表

横田 尚三

保有資格

行政書士

専門分野

「相続」、「遺言」、「成年後見」

経歴

P.I.P総合事務所 行政書士事務所の代表を務める。 相続の相談件数約6,000件の経験から相談者の信頼も厚く、他の専門家の司法書士・税理士・公認会計士の事務所と協力している。 また「日本で一番お客様から喜ばれる数の多い総合事務所になる」をビジョンに日々業務に励んでいる。


サポート料金

よくご相談いただくサービスメニュー

主な相続手続きのサポートメニュー

相続のご相談は当事務所にお任せください!

  • ご相談者様の声
  • 当事務所の解決事例

よくご覧いただくコンテンツ一覧

葬儀後、相続発生後の手続き

  • 不動産相続サポート
  • 遺産分割サポート
  • 相続手続き丸ごと代行サービス

生前対策、相続発生前の手続き

  • 遺言書作成サポート
  • 生前贈与手続きサポート
  • 家族信託サポート
  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ

お客様から声をいただきました!

お客様の声を大切にします
  • お客様の声1…

    貴センターのような専門家の方に対応いただくととてもスムーズに手続きが完了し助かりました。

  • お客様の声1…

    私は手続きにかかる時間に苛立ちがありました。今回相談することでそんな苛立ちを解消する事が出来ました。まず相談されて不安を打ち明けてもらえたらいいのではと思います。

  • お客様の声9

    全ての手続きについて不安があった。 丁寧に対応頂き満足している。まずは相談してみること。

  • お客様の声8

    相続に関する専門家の方々の仕事内容がよくわかりました。 全部が完了するまでに日数を要することも…。 予めどれだけのことをやっていただけるのか項目を挙げて、どの様な流れで手続きが進んでいくのか分かればよかったと思います。 丁寧かつ正確に仕事を進めていただけたと思います。 お会いした際のものごしの柔らかさに好感が持てました。

お客様アンケート一覧についてはこちら
Contact
無料相談受付中!
PAGETOP