• JR大阪駅・阪急梅田駅、 地下鉄御堂筋線梅田駅 からも徒歩2分の場所

平日・土日祝日対応可、当日予約9:00〜21:00

0120-31-8740

遺産分け、こじれると損 相続税を左右する10カ月

日本経済新聞にこんな記事が載っていました。
以下、引用。

税額を大きく左右するのが、遺産の分け方が決まっているか否かです。
遺族で話し合って決める「遺産分割協議」が相続税の申告期限までに終わらないと、税額が大きく跳ね上がる心配があります。
それは税額計算上有利になる「特例」の扱いと関係します。
 いくつかある特例の中で特に影響が大きいのが「小規模宅地の評価減の特例」です。
亡くなった人の配偶者や、生前に同居していた子供などが自宅を相続する場合、一定の条件を満たすと、敷地の評価額を8割も減らせる仕組みです。

 特例の活用には申告が必要です。
当然のことながら、申告時点で、自宅を相続するのが例えば妻であることが決まっていることが前提です。
 特例が使えないことによる不利益は、自宅を相続する可能性のある妻や同居の子供だけにとどまらず、遺族全体に及びます。
その理由を理解するには、相続税の計算法をおおまかに知る必要があるでしょう。

 遺産の「評価額」を決めることから計算は始まります。
遺産の多いのは通常、家の敷地で、路線価に基づく評価額が膨らみがちです。
前述の特例を使えば例えば評価額5000万円の敷地は8割減の1000万円に縮まるのに、使えないと評価額は多額になります。

 この遺産の評価額から基礎控除(非課税枠)を差し引きます。
そして残った金額をベースとして、少し複雑な計算をへて、遺族全体として支払うべき相続税の総額が決まる仕組みです。
出発点である遺産の評価額を縮めることが遺族みんなにとって重要なのです。

 配偶者の場合、もう一つ重要な「税額軽減の特例」があります。
実際に受け取った遺産の額が、法定相続分か、1億6000万円のいずれか多い方まで課税されません。
この特例を使おうにも分割協議が終わっていなければ始まりません。

 協議が期限までに終わらない場合は申告の際、「3年以内には完了する」旨を税務署に届け出れば、余分に納めた税金の一部が将来還付される可能性があります。

相続のご相談は当事務所にお任せください!

  • ご相談者様の声
  • 当事務所の解決事例

よくご覧いただくコンテンツ一覧

葬儀後、相続発生後の手続き

  • 相続登記手続きサポート
  • 相続放棄手続きサポート
  • 相続手続き丸ごと代行サービス

生前対策、相続発生前の手続き

  • 遺言書作成サポート
  • 生前贈与手続きサポート
  • 家族信託サポート
  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ

お客様から声をいただきました!

お客様の声を大切にします
  • お客様の声3

    相続に関する専門家の方々の仕事内容がよくわかりました。 全部が完了するまでに日数を要することも…。 予めどれだけのことをやっていただけるのか項目を挙げて、どの様な流れで手続きが進んでいくのか分かればよかったと思います。 丁寧かつ正確に仕事を進めていただけたと思います。 お会いした際のものごしの柔らかさに好感が持てました。

  • お客様の声2

    費用がどの程度かかるか分かりづらく感じるところが多かった。 最初におおよその費用について、説明があり、安心できた。 相続人が行方不明である特殊な状況でしたが、お陰様で思ったより早く解決でき、ありがとうございました。

  • お客様の声1

    相続手続き一般について、知識がなかった為、どの様に手がけてよいかわからなかった。 上記段取りについて、教えて頂き、進めて頂いたので助かりました。 長い間いろいろ有難うございました。

  • 姉の相続手続…

    Q.今回たくさんの事務所の中から弊所をお選びいただけた理由はなんでしょうか。 A.ネット検索で、2.3か所の事務所を選択し、電話にて紹介し、納得のできる説明をいただき、一度話を聞いてみようと思いました。

お客様アンケート一覧についてはこちら
Contact
無料相談受付中!
PAGETOP