• JR大阪駅・阪急梅田駅、 地下鉄御堂筋線梅田駅 からも徒歩2分の場所

平日・土日祝日対応可、当日予約9:00〜21:00

0120-31-8740

詳細な内容を記載したワープロ作成の遺言書と汚いカーボン複写の遺言書はどっちが有効か?

Q.
 
 Xさんは、自らの死期が近いことを思い、遺言を作成しました。1つは、原稿用紙10枚分にわたる詳細な内容で、さすがに手書きはしんどいし、正確に記載しなければならないと考えワープロで作成しました。こちらは署名もワープロで打ち、印鑑を押しました。
もう1つはかんたんに要点をまとめたものです。こちらは、自分で保管したいと考えたために、複写式のカーボン紙に記載し、写し取られた方(コピー)に押印をしました。なお、いずれも日付は入っています。
 
 さて、この2通の遺言書のうち、いずれが有効でしょうか?
 
(1)内容も詳細なものだし、ワープロで作成した方が有効
(2)自筆で書かれたものに近いので、カーボン複写の方が有効
 
 
 
 
 
A.
 
正解(2)カーボン複写の方が有効
 民法968条1項では、遺言を残す人がみずから遺言書を作成する自筆証書遺言の場合、「遺言をするには、遺言者が、その全文、日付及び氏名を自書し、これに印を押さなければならない」と定めています。
 ポイントは自書です。簡単に言えば自らが筆を取って書かなければならないということです。とすれば、設問のワープロ打ちの方は明らかに自書でないので無効となります。
 さて、問題はカーボン複写式で作成され、複写の方に押印をしている後者は有効となるかどうかです。この点、裁判例においては、「カーボン紙を用いることも自書の方法として許されないものではないから、本件遺言書は、民法九968条1項の自書の要件に欠けるところはない」(最高裁平成5年10月19日)とされています。当該条文は、「本当にその人が遺言を作成したかどうかを確認するためには『筆跡』が重要だ」という意図の下、設けられたものとされています。カーボン複写の場合、その筆跡を見れば、作成者が誰かは判別可能であるから自筆とみて差し支えないと判断されたのです。

記事引用元(http://www.hou-nattoku.com/quiz/0838.php)

相続のご相談は当事務所にお任せください!

  • ご相談者様の声
  • 当事務所の解決事例

よくご覧いただくコンテンツ一覧

葬儀後、相続発生後の手続き

  • 相続登記手続きサポート
  • 相続放棄手続きサポート
  • 相続手続き丸ごと代行サービス

生前対策、相続発生前の手続き

  • 遺言書作成サポート
  • 生前贈与手続きサポート
  • 家族信託サポート
  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ

お客様から声をいただきました!

お客様の声を大切にします
  • お客様の声4

    全ての手続きについて不安があった。 丁寧に対応頂き満足している。まずは相談してみること。

  • お客様の声3

    相続に関する専門家の方々の仕事内容がよくわかりました。 全部が完了するまでに日数を要することも…。 予めどれだけのことをやっていただけるのか項目を挙げて、どの様な流れで手続きが進んでいくのか分かればよかったと思います。 丁寧かつ正確に仕事を進めていただけたと思います。 お会いした際のものごしの柔らかさに好感が持てました。

  • お客様の声2

    費用がどの程度かかるか分かりづらく感じるところが多かった。 最初におおよその費用について、説明があり、安心できた。 相続人が行方不明である特殊な状況でしたが、お陰様で思ったより早く解決でき、ありがとうございました。

  • お客様の声1

    相続手続き一般について、知識がなかった為、どの様に手がけてよいかわからなかった。 上記段取りについて、教えて頂き、進めて頂いたので助かりました。 長い間いろいろ有難うございました。

お客様アンケート一覧についてはこちら
Contact
無料相談受付中!
PAGETOP