• JR大阪駅・阪急梅田駅、 地下鉄御堂筋線梅田駅 からも徒歩2分の場所

平日・土日祝日対応可、当日予約9:00〜21:00

0120-31-8740

米金融規制当局、大手銀行の「生前遺言」に音なしの構え

  7月2日(ブルームバーグ):2010年に制定の米金融規制改革法(ドッド・フランク法)の規定に従い、大手金融機関は今年で3回目となる「生前遺言」を規制当局に提出した。経営破綻後の金融機関の事業整理の詳しい道筋を毎年、示すものだが、過去の提出分に対して当局側は詳細な回答を示していない。
 
JPモルガン・チェースやゴールドマン・サックス・グループなど11の銀行は1日に提出したが、昨年の生前遺言について規制当局である連邦預金保険公社(FDIC)、連邦準備制度理事会(FRB)からの反応はまだない。このため、アナリストなどからは、このプロセスに効果があるのか疑問の声が上がっている。
 
さらに今年からは、金融システム全体にとって重要な金融機関(SIFI)に認定されたプルデンシャル・ファイナンシャル、アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)の大手保険2社と、ゼネラル・エレクトリック(GE)傘下の金融部門も初めて提出を義務付けられ、これら3社も複雑な状況に直面することになる。
 
法律事務所シャーマン・アンド・スターリング(ワシントン)のパートナーで、金融機関の代理人を務めるドナルド・ラムソン氏は「銀行が抱える主な懸念の一つは先の提出分について反応がないことだ」と指摘。金融機関は銀行検査官や当局者の公式発言からできる限り情報をくみ上げざるを得ないと語った。
 
消費者団体パブリック・シティズン(ワシントン)のバートレット・ネーラー氏は規制当局について、「最も簡単なのは何も言わないことであり、彼らはまさにそうしている」と分析する。同団体では、ウォール街の銀行は危険なまでに複雑とみており、ネーラー氏は規制当局が信頼できるような生前遺言を銀行がとりまとめることができるか疑問だと話している。
 
FDICのアンドルー・グレー報道官は電子メールで、規制当局として「近い将来」に個々の金融機関に個別の回答を示すことを目指しているとした上で、「最も重要なのは各社に適切な評価を示し、できる限り有意義かつ建設的なものとすることだ」と説明した。

 

参照元→http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20140702-00000043-bloom_st-nb

相続のご相談は当事務所にお任せください!

  • ご相談者様の声
  • 当事務所の解決事例

よくご覧いただくコンテンツ一覧

葬儀後、相続発生後の手続き

  • 相続登記手続きサポート
  • 相続放棄手続きサポート
  • 相続手続き丸ごと代行サービス

生前対策、相続発生前の手続き

  • 遺言書作成サポート
  • 生前贈与手続きサポート
  • 家族信託サポート
  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ

お客様から声をいただきました!

お客様の声を大切にします
  • お客様の声5

  • お客様の声4

    全ての手続きについて不安があった。 丁寧に対応頂き満足している。まずは相談してみること。

  • お客様の声3

    相続に関する専門家の方々の仕事内容がよくわかりました。 全部が完了するまでに日数を要することも…。 予めどれだけのことをやっていただけるのか項目を挙げて、どの様な流れで手続きが進んでいくのか分かればよかったと思います。 丁寧かつ正確に仕事を進めていただけたと思います。 お会いした際のものごしの柔らかさに好感が持てました。

  • お客様の声2

    費用がどの程度かかるか分かりづらく感じるところが多かった。 最初におおよその費用について、説明があり、安心できた。 相続人が行方不明である特殊な状況でしたが、お陰様で思ったより早く解決でき、ありがとうございました。

お客様アンケート一覧についてはこちら
Contact
無料相談受付中!
PAGETOP