• JR大阪駅・阪急梅田駅、 地下鉄御堂筋線梅田駅 からも徒歩2分の場所

平日・土日祝日対応可、当日予約9:00〜21:00

0120-31-8740

50代の相続の意味

こちらサイトより引用です。
以下ご覧ください。

 50代にとって相続はどんな意味を持つのか。2012年に5500人の相続人を対象に調査を実施したが、回答者で最も比率が大きかったのが50代で、39・5%を占めた。そこで、どれくらいの相続を受け、どうしたのかをアンケート結果からのぞいてみよう。
 
 相続額の詳細まで回答した相続人2478人の平均値は3172万円。52・0%が1000万円未満の相続額だったこともあり、中央値は862万円に留まっている。相続した資産でみると、現金や預貯金を相続した人が87・1%、有価証券が18・4%、自宅など不動産が32・3%だった。
 
 ほとんどの相続人が現金や預貯金を相続していることが分かったが、相続額に占めるその比率はそれほど高くない。相続額に占める比率は、現金や預貯金に有価証券も含めても、1割と回答した人が12・6%、2割が17・4%、3割が20・0%で、合計するとちょうど50・0%。相続では、流動化しやすい資産の比率はそれほど高くない。
 
 すなわち9割近い相続人が流動資産を受け取っているが、資産全体の構成でみると流動資産は高くない。相続税の支払いという面からすると、不動産などの相続資産を売却せざるを得なくなる姿が垣間みえる。相続が必ずしもメリットとなっていないようだ。
 
 相続資産から投資を行った人はどんな金融商品に投資したのか。アンケート対象5500人で「相続した現金、預貯金で金融商品に投資した」と回答したのは290人。表はその人たちに具体的な投資対象の金融商品を聞いた結果だ。
 
 最も多かったのが日本株。次に外貨預金などの外貨金融商品、日本国債、そして海外債券に投資する投資信託で定期的な分配金があるもの、と続く。分配型の投資信託は、投資対象で複数に分けたことで個別には少なくみえるが、いずれかの定期的な分配金のある投資信託としてくくると23・4%となり、日本株に次ぐ人気投資対象だったことがわかる。
 
 ところで、アンケート対象の相続人のうち71・1%がこれまでに投資経験があったこともわかった。これは極めて高い数値だが、その結果、投資対象金融商品が過去の投資経験と同じような傾向を示している。これでは資産が分散されている可能性が少なく、資産の管理としては不十分な懸念がある。受け継いだからには、しっかりとした管理が必要だ。今一度、投資資産の配分を再考してみる必要がある。
 
 ■野尻哲史(のじり・さとし) フィデリティ退職・投資教育研究所(http://www.fidelity.co.jp/retirement/)所長。1959年生まれ。一橋大卒。82年、山一証券入社。山一証券研究所で米ニューヨーク在住アナリストなどを経験した。メリルリンチ証券調査部などを経て、07年より現職。『老後難民 50代夫婦の生き残り術』(講談社+α新書)など著書多数。

相続のご相談は当事務所にお任せください!

  • ご相談者様の声
  • 当事務所の解決事例

よくご覧いただくコンテンツ一覧

葬儀後、相続発生後の手続き

  • 相続登記手続きサポート
  • 相続放棄手続きサポート
  • 相続手続き丸ごと代行サービス

生前対策、相続発生前の手続き

  • 遺言書作成サポート
  • 生前贈与手続きサポート
  • 家族信託サポート
  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ

お客様から声をいただきました!

お客様の声を大切にします
  • お客様の声5

  • お客様の声4

    全ての手続きについて不安があった。 丁寧に対応頂き満足している。まずは相談してみること。

  • お客様の声3

    相続に関する専門家の方々の仕事内容がよくわかりました。 全部が完了するまでに日数を要することも…。 予めどれだけのことをやっていただけるのか項目を挙げて、どの様な流れで手続きが進んでいくのか分かればよかったと思います。 丁寧かつ正確に仕事を進めていただけたと思います。 お会いした際のものごしの柔らかさに好感が持てました。

  • お客様の声2

    費用がどの程度かかるか分かりづらく感じるところが多かった。 最初におおよその費用について、説明があり、安心できた。 相続人が行方不明である特殊な状況でしたが、お陰様で思ったより早く解決でき、ありがとうございました。

お客様アンケート一覧についてはこちら
Contact
無料相談受付中!
PAGETOP