• JR大阪駅・阪急梅田駅、 地下鉄御堂筋線梅田駅 からも徒歩2分の場所

平日・土日祝日対応可、当日予約9:00〜21:00

0120-31-8740

相続・遺言の話~遺言代用信託について~

JCASTに遺言代用信託のことが載っていました。
以下、引用。

信託銀行の「遺言代用信託」が好評で、契約件数を伸ばしている。

 生きているうちに自身の葬儀や墓の準備をして、遺された家族が財産の相続を円滑に進める「終活」の一環として利用されている。

  銀行の預金口座は、亡くなった人の名義の場合、その預金口座が「凍結」されて金をおろせなくなるという話をよく聞くが、この遺言代用信託だと「預金より早く、簡単に」おろせるという。

   たとえば夫が突然亡くなり、葬儀費用を夫名義の預金から支払う場合、妻は預金をおろせない。
夫の実印もキャッシュカードも通帳もすべてそろっていたとしても、おそらく銀行は首をタテには振らないはずだ。

   一方、葬儀費用は100万~200万円が相場。決して安くはない。そのお金を手元に現金で置いておくのも不用心だし、さて困った…

   そんな万一のときの「備え」として、信託銀行が用意しているのが「遺言代用信託」だ。信託協会によると、遺言代用信託の新規受託(契約)件数 は、2010年度が44件、11年度は64件だったが、12年度に急増して1万8742件、13年度には上半期だけで2万1359件に達した。

   同協会は、「一般に相続財産は預金に限らず、相続額と相続人が確定するまですべて凍結されてしまいます。遺言代用信託を利用すれば、葬儀費用 などの資金をあらかじめ指定した受取人が受け取ることができます」と説明。
最近の「終活」への関心の高まりとともに、急速に契約件数を伸ばしている。

   たとえば、夫(委託者)が700万円を預けた(信託した)場合、夫が死亡して相続が発生ときに200万円を一時金として妻(受益者)が受け取り、残りの500万円を妻や息子(受益者)が毎月5万円ずつ受け取ることができる。

   つまり、あらかじめ財産の一部を受け取る預金口座を家族名義に指定しておけるので、死亡後すぐにもお金を引き出せるというわけ。

   契約者の多くは60代。同社は、「ご自身が親の葬儀のときに苦労したので、家族に迷惑をかけたくないと言って契約される方が多いようです」と話している。

   もちろん、銀行の預金口座も死亡後すぐに凍結してしまうわけではない。
死亡時は葬儀や埋葬など多くの手続きが必要になる。
その一つとして銀行 にも死亡届を提出することになるが、それをもって口座はほどなく凍結される。
むろん役所へ死亡届を出しても自動的に銀行に知らせることもないし、たとえ銀 行が聞いたとしても教えることはない。

   つまり、銀行に死亡届を提出する前であれば、預金は引き出せることになる。
半面、一たん口座が凍結されると、基本的には相続額と相続人が確定しなければ解除できないので、かなり時間がかかる。

・・・時間かがかかるのは確かかもしれませんが、当事務所にお任せ頂ければかなりの短縮につながると思います。
相続人間で争いがない場合の話ですが。
争う恐れがある場合は、遺言を残しておくのが一番だと思います。
どのケースがご自身にとってベストか、一度、初回無料の相談にご来所くださいませ。

相続のご相談は当事務所にお任せください!

  • ご相談者様の声
  • 当事務所の解決事例

よくご覧いただくコンテンツ一覧

葬儀後、相続発生後の手続き

  • 相続登記手続きサポート
  • 相続放棄手続きサポート
  • 相続手続き丸ごと代行サービス

生前対策、相続発生前の手続き

  • 遺言書作成サポート
  • 生前贈与手続きサポート
  • 家族信託サポート
  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ

お客様から声をいただきました!

お客様の声を大切にします
  • お客様の声5

  • お客様の声4

    全ての手続きについて不安があった。 丁寧に対応頂き満足している。まずは相談してみること。

  • お客様の声3

    相続に関する専門家の方々の仕事内容がよくわかりました。 全部が完了するまでに日数を要することも…。 予めどれだけのことをやっていただけるのか項目を挙げて、どの様な流れで手続きが進んでいくのか分かればよかったと思います。 丁寧かつ正確に仕事を進めていただけたと思います。 お会いした際のものごしの柔らかさに好感が持てました。

  • お客様の声2

    費用がどの程度かかるか分かりづらく感じるところが多かった。 最初におおよその費用について、説明があり、安心できた。 相続人が行方不明である特殊な状況でしたが、お陰様で思ったより早く解決でき、ありがとうございました。

お客様アンケート一覧についてはこちら
Contact
無料相談受付中!
PAGETOP