• JR大阪駅・阪急梅田駅、 地下鉄御堂筋線梅田駅 からも徒歩2分の場所

平日・土日祝日対応可、当日予約9:00〜21:00

0120-31-8740

はしかの話

はしかがフィリピンではやっているようですね
結構、海外ではやっててもすぐ日本にやってくるので
海外かどうかはもう関係ないような気もしますが。

 
(以下日本経済新聞より)

はしかの海外感染が急増 フィリピンで流行中

 海外ではしかのウイルスに感染し、帰国後に発症するケースが急増している。国立感染症研究所が26日までに発表した今年の患者数は1カ月半余りで103人に上り、昨年1年間の232人の半数に迫る勢いだ。専門家は、はしかと風疹の混合ワクチン(MRワクチン)の接種を呼び掛けている。

 感染研によると、はしかは感染力が非常に強いウイルスが原因で、せきなどのしぶきや接触によって感染する。高熱や全身の発疹が特徴で、患者の約3割が肺炎や腸炎などで入院する。2歳以下で感染すると、2~10年の潜伏期間を経て、歩行障害や脳の障害などを伴う亜急性硬化性全脳炎を発症する危険性が高まる。大流行した2008年には約1万1千人の患者が報告された。

 今年のはしかの患者数は2月19日までに103人。ウイルスを分析した24人のうち、20人からフィリピンで流行している型を検出、そのうち12人はフィリピンへの渡航歴があった。発症者の約6割は予防接種を受けていなかった。

 地域別では、京都府が20人で最も多く、千葉県(13人)、埼玉県(12人)、神奈川県(10人)と続いた。

 1歳と小学校入学前1年間の計2回の予防接種が無料だが、昨年4~9月の半年間の接種率は59%にとどまる。

 感染研の多屋馨子・感染症疫学センター室長は「アジアなどの流行地域に行く前には、ワクチンを接種してほしい。海外からウイルスが入ってきても国内で広がらないように、接種率を高めておくことも重要だ」と話している。

相続のご相談は当事務所にお任せください!

  • ご相談者様の声
  • 当事務所の解決事例

よくご覧いただくコンテンツ一覧

葬儀後、相続発生後の手続き

  • 相続登記手続きサポート
  • 相続放棄手続きサポート
  • 相続手続き丸ごと代行サービス

生前対策、相続発生前の手続き

  • 遺言書作成サポート
  • 生前贈与手続きサポート
  • 家族信託サポート
  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ

お客様から声をいただきました!

お客様の声を大切にします
  • お客様の声5

  • お客様の声4

    全ての手続きについて不安があった。 丁寧に対応頂き満足している。まずは相談してみること。

  • お客様の声3

    相続に関する専門家の方々の仕事内容がよくわかりました。 全部が完了するまでに日数を要することも…。 予めどれだけのことをやっていただけるのか項目を挙げて、どの様な流れで手続きが進んでいくのか分かればよかったと思います。 丁寧かつ正確に仕事を進めていただけたと思います。 お会いした際のものごしの柔らかさに好感が持てました。

  • お客様の声2

    費用がどの程度かかるか分かりづらく感じるところが多かった。 最初におおよその費用について、説明があり、安心できた。 相続人が行方不明である特殊な状況でしたが、お陰様で思ったより早く解決でき、ありがとうございました。

お客様アンケート一覧についてはこちら
Contact
無料相談受付中!
PAGETOP