• JR大阪駅・阪急梅田駅、 地下鉄御堂筋線梅田駅 からも徒歩2分の場所

平日・土日祝日対応可、当日予約9:00〜21:00

0120-31-8740

相続・遺言~孫が遺産相続の相続人となるケースについて~

遺産相続では相続できる人いわゆる法定相続人が民法により規定されており、順位に関係なく常に相続人となることができる配偶者、第1順位の直系卑属である子供、第2順位の直系尊属である父母や祖父、第3順位故人の兄弟姉妹となっています。
 遺産相続では配偶者と第1順位の人、第1順位の人が全くいない場合には第2順位の人、第1・2順位の人がどちらもいない場合にはダ3順位の人と決められています。
 通常親が亡くなった場合には配偶者と子供が相続人となりますが、子供がそれ以前にすでに亡くなっている場合には第2順位の人になるのではなく、直系卑属に当たる孫が相続する権利を有することになります。
これを 代襲相続制度と言い、法律にも規定されています。

 孫が相続人となる具体的なケースには、母子家庭の家族がいるとします。
 亡くなった夫の親が亡くなったと連絡が来ると、その時に相続人となることができる夫はすでに死亡しているのでその子つまり被相続人から見ると孫が法律的に見ても相続人となります。
 子供がすでに亡くなっているからとって第2順位である人に相続の権利が移ってしまうと損孫は相続する権利すらないということではあまりにも不公平であり不合理です。
ですから 子に代わり孫が相続できるように法律により代襲相続制度が設けられています。
さらに 孫がすでに亡くなっていればひ孫と移るようになっており、直系卑属の人が残っていればその人に相続の権利があるということになります。
ですから子供が亡くなっているから 勝手に第2順位の人や第3順位の人が相続することはできないことになります。

 相続が発生する場合には子供が亡くなっているからとうやむやにするのではなく、被相続人である故人の戸籍や除籍などの書類を取り寄せて相続人に遺産相続の協議に加える必要があります。
その時に孫が2人など複数人いる場合にはすべての孫に遺産相続人となる権利が発生します。
 相続する財産が全体の2分の1と決まっている場合には、それを分割することになります。

相続のご相談は当事務所にお任せください!

  • ご相談者様の声
  • 当事務所の解決事例

よくご覧いただくコンテンツ一覧

葬儀後、相続発生後の手続き

  • 相続登記手続きサポート
  • 相続放棄手続きサポート
  • 相続手続き丸ごと代行サービス

生前対策、相続発生前の手続き

  • 遺言書作成サポート
  • 生前贈与手続きサポート
  • 家族信託サポート
  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ

お客様から声をいただきました!

お客様の声を大切にします
  • お客様の声3

    相続に関する専門家の方々の仕事内容がよくわかりました。 全部が完了するまでに日数を要することも…。 予めどれだけのことをやっていただけるのか項目を挙げて、どの様な流れで手続きが進んでいくのか分かればよかったと思います。 丁寧かつ正確に仕事を進めていただけたと思います。 お会いした際のものごしの柔らかさに好感が持てました。

  • お客様の声2

    費用がどの程度かかるか分かりづらく感じるところが多かった。 最初におおよその費用について、説明があり、安心できた。 相続人が行方不明である特殊な状況でしたが、お陰様で思ったより早く解決でき、ありがとうございました。

  • お客様の声1

    相続手続き一般について、知識がなかった為、どの様に手がけてよいかわからなかった。 上記段取りについて、教えて頂き、進めて頂いたので助かりました。 長い間いろいろ有難うございました。

  • 姉の相続手続…

    Q.今回たくさんの事務所の中から弊所をお選びいただけた理由はなんでしょうか。 A.ネット検索で、2.3か所の事務所を選択し、電話にて紹介し、納得のできる説明をいただき、一度話を聞いてみようと思いました。

お客様アンケート一覧についてはこちら
Contact
無料相談受付中!
PAGETOP