• JR大阪駅・阪急梅田駅、 地下鉄御堂筋線梅田駅 からも徒歩2分の場所

平日・土日祝日対応可、当日予約9:00〜21:00

0120-31-8740

相続・遺言の話~三國連太郎が言い遺したこと~

2014年4月24日号の女性セブンに、こんな記事が掲載されていました。
「戒名はいらない」「散骨して誰にも知らせるな」「三國連太郎のままで逝く」──息子である佐藤浩市さん(53才)に、こう言い遺していたという三國連太郎さん(享年90)。
昨年4月17日に静岡県沼津市の自宅で行われた葬儀では、位牌には戒名でも本名の「佐藤政雄」でもなく、「三國連太郎之霊位」とだけ綴られ、密葬形式で行われました。
だが佐藤はさん、「散骨」はできずにいたらしいです。
「A子さん(三國さんの妻、64才)は遺言通り、散骨する方向で考えていたんですが、佐藤さんが“納骨したい”と譲らなかったんです。自宅から近い(静岡県)松崎には三國さんの両親が眠る代々のお墓があるので、A子さんは“それなら代々のお墓にしましょう”と提案したそうですが、これについても佐藤さんは“遠すぎる。東京に新しくお墓を建てたい”と言ってきかなかったんです」(三國家を知る人)
A子さんは、三國さんの4番目の妻。佐藤は3人目の妻・B子さんとの間の子供ということです。
松崎の墓に入れるのが自然だと考えていたA子さんは、「それではお任せします」と、佐藤さんに三國さんの遺骨を任せるしかなかった。
一方、遺骨を持ち帰り、都内で墓地を探し続けていた佐藤さんらしいのですが、急転、松崎の墓に納骨することを決めていた。
しかし、それでA子さんの「三國と一緒のお墓に入りたい」という願いが叶ったわけではなかった。
墓に誰を納骨するのか──の権限は墓守にあります。
今回のケースでいえば、A子さんが納骨については佐藤に任せたこともあり、実の息子である佐藤さんということになる。
しかし、それがA子さんに非情な現実を突きつけた。
A子さんは三國さんの正妻であり、彼と同じ墓に入ってもおかしくない。
しかし、佐藤さんが主導権を握ったことで、事態が複雑になっているらしいです。
この話が本当かどうか私は知りませんが、三国さんがもし、死んだ後どうしたいかという希望を遺言で残していたら、状況は少し違っていたかもしれませんね。

相続花子

相続のご相談は当事務所にお任せください!

  • ご相談者様の声
  • 当事務所の解決事例

よくご覧いただくコンテンツ一覧

葬儀後、相続発生後の手続き

  • 相続登記手続きサポート
  • 相続放棄手続きサポート
  • 相続手続き丸ごと代行サービス

生前対策、相続発生前の手続き

  • 遺言書作成サポート
  • 生前贈与手続きサポート
  • 家族信託サポート
  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ

お客様から声をいただきました!

お客様の声を大切にします
  • お客様の声5

  • お客様の声4

    全ての手続きについて不安があった。 丁寧に対応頂き満足している。まずは相談してみること。

  • お客様の声3

    相続に関する専門家の方々の仕事内容がよくわかりました。 全部が完了するまでに日数を要することも…。 予めどれだけのことをやっていただけるのか項目を挙げて、どの様な流れで手続きが進んでいくのか分かればよかったと思います。 丁寧かつ正確に仕事を進めていただけたと思います。 お会いした際のものごしの柔らかさに好感が持てました。

  • お客様の声2

    費用がどの程度かかるか分かりづらく感じるところが多かった。 最初におおよその費用について、説明があり、安心できた。 相続人が行方不明である特殊な状況でしたが、お陰様で思ったより早く解決でき、ありがとうございました。

お客様アンケート一覧についてはこちら
Contact
無料相談受付中!
PAGETOP